ソルトルアー フィールドレポート

新潟 ボートアンジング レポート

みなさんこんにちは、新潟県でライトゲームモニターをさせていただいている桐生清仁です。今回はボートアジングをレポートします。

4月8日、新潟東港ボード 網代のリップルさんより出船。風も少し強くうねりもあり釣りづらく、アジの活性も低く渋い。バイトも小さく「モゾ」っとした感じで、わずかに手元に感じる程度。

その小さなアタリを風の強い中掛けていくのが大変でしたが、風の影響の少ない細い号数、感度のいいエステルラインを使用しアタリを掛けていくことができて、なんとかアジを釣ることができました。


水深7メートル前後、アジのレンジは表層から中層。ジグヘッド単体1グラム+1.7インチのクリアアカラメのストレートワームのデッドスローの巻き。軽くアクションしてからのフリーフォールでの釣りでした。

なかなか自分の得意なパターンに持ち込めず苦戦しましたが楽しめました。風の影響、感度の良さを考えアジングマスター エステル[レッドアイ] 0.2号を使用。今回は17時半から20時半の釣りでしたが、24〜27cmのアジでも問題なくやり取りができました。

エステルラインを使用する際はドラグ調整が必須。ラインに負担をかけず、滑らかにラインを出しやり取りをする必要があります。また、ライントラブルの元となるラインのねじれを防ぐことができるラインローラーも便利です。

[使用タックル]
ロッド: ソリッドティップ 64ft
リール: ヴァンキッシュ19 C2000S
     MTCW TDシステム(ドラグノブ) ラインローラー零 Ver.2 ライトゲーム専用設計
ライン: VARIVAS アジングマスター エステル[レッドアイ]0.2号
リーダー:VARIVAS ライトゲーム ショックリーダー [Tiフロロカーボン]2.5LB.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ