ソルトルアー フィールドレポート

新潟エリア メバリング

日時:平成31年2月27日 18時から19時 / 天候:曇り / 風1m:気温6℃ /
場所:新潟県 下越 笹川流れ周辺

久しぶりに晴れた日が続き雪代の影響も落ち着いてきており、水温も安定してきたのでメバリングへ行って来ました。今回は満潮の上げのタイミングでエントリーしました。フィールドの様子は水質はやや濁り。風で少しだけ表面が波立っています。

ジグヘッド1.5g + ストレート系ワームでスタート。表層と中層ゆっくり巻いてみるも反応なく、次に竿先で軽くアクションを加えて誘うが反応なし。

メバルはどこ?

そこで、ボトムにシフトチェンジ。ボトムに着底後、糸ふけを巻き取りラインにテンションをかけていきます。ロッドをゆっくり立てて、ジグヘッドを30cmほど上げてからゆっくりフォールさせてボトムを誘って行くとバイトあり。ヒットしました。

同じやり方でヒットが続きます。

ボトムにいるのが分かったので、3gのメタルジグにチェンジしてリフトアンドフォールを試してみましたが、これには反応なし。ジグヘッドに戻してやってみると反応あり。この時期はアミなのプランクトンなどを捕食していると思うのでゆっくりしたアクションが有効的でした。

今回は沖の方のボトムに岩や海藻などがあり、飛距離を出してポイントに飛ばすためと、メバルが掛かったときに一気に引き上げたかったのでアバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.2号を使用しました。リーダーは新しくフロロカーボンにチタンコーティングされて摩擦に強くなった、ライトゲーム ショックリーダー Tiフロロカーボンを使用。

これから春に近づくにつれてメバルの活性もよくなって良型も釣れやすくなってくるので、メバリングが楽しくなってきますよ。

[タックルデータ]
ロッド :APIA Legace’SC STAY GOLD 86LXS
リール :ダイワ セルテート2004 MTCW使用 / TDシステム(ドラグノブ)/ ラインローラー零 Ver.2 ライトゲーム専用設計
ライン :VARIVAS アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.2号
リーダー:VARIVAS ライトゲーム ショックリーダー Tiフロロカーボン 4lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ