ソルトルアー フィールドレポート

初めての宮古島釣行記

杉田千紘です。
今回、年末のクリスマスイブから31日まで7日間、初めて宮古島へ遠征釣行へ行きました!
釣りたい魚はキャスティングでのGT! そしてジギングでのアカジンです。その他にも沖縄ならではの魚を釣りたい一心でキャスティングやジギング、テンヤ釣りなど様々なタックルを用意していざ出発!

普段は餌釣りをすることが多いので、キャスティング自体初めての挑戦です…!
その為、事前に船長にGTキャスティングをする上で最低限できるようにした方が良いことはなんですか?とお聞して2つ大事なポイントを教えていただきました!
とても基本的なことですが、①遠くに投げること、②真っ直ぐ投げること、とのことです。

到着した24日は生憎の曇り空。はじめの釣行日は26日の予定なので先ずは釣り人がいるスポットを探してキャスティングの練習をします!

アドバイスを基にいざ練習!

よいしょ!

右へ行ったり手前で落ちたり…なかなか思う様にできません。難しい!

こんなキャストで釣れるのか…不安もありつつ船が出船できる日を待ちます。

すると!涙
今回滞在する8日間の内、船での釣行は3つの船宿さんを予約してありましたが暴風によりそのうち2つの船宿さんは出船できないとのこと…残り1つの船宿さんが出船できることを祈るしかありません。。泣

そして、12月27日曇り空の中いよいよ出船できる日がやってきました!

今回はmorizo(https://www.gzcustomer-web.com/)さんのGTキャスティングの乗り合い船にお世話になりました!

なんと偶然、VARIVASフィールドテスターの 乃村弘栄 さんご夫婦との同船でした!

色々な状況に対応できるように、今回タックルはジギング用も併用して全部で3セット用意しました。

①メインライン:VARIVAS アバニ ジギング 10×10マックスパワーPE X8 3号
リーダー:VARIVAS オーシャンレコードショックリーダー 40lb.

②メインライン:VARIVAS アバニ ジギング 10×10マックスパワーPE X8 5号
リーダー:VARIVAS オーシャンレコードショックリーダー 80lb.

③メインライン:VARIVAS アバニ GT SMP 8号
リーダー:VARIVAS オーシャンレコードショックリーダー 140lb.

リーダーは全てオーシャンレコードショックリーダーを使用しました。

船長からのアドバイスでとにかく飛距離が大切とのことで、まずは私が①のタックル、同行者が②のタックルでスタート!

手探り状態でキャストをすると…
いきなり、、ザバーッ!

私「え!?!」

魚が私のルアーの先でザバッーと見えました。しかし掛からず、、

それでも魚が目の前に見えたことに大興奮でした!

船長「お!早速!もしかして持ってる系の人?笑」

もはや運頼りです!!

そして黙々とキャストしていると〜

グイッと!

私「来た〜!!!」

スイスイと巻き上げられてきたのは〜

アオチビキの赤ちゃんでした〜!
ヒットしてから直ぐに上がるくらいのサイズでしたが、宮古島初フィッシュに嬉しさが込み上げます!

同行者はダツをゲット!
鋭い歯が怖いです。笑

途中、タックルを③にしてみたり、②にしてみたりルアーを変えたり色々してみますが中々アタリがありません…

そんな中!!

乃村さんの奥様がアオチビキからの本命のGTをゲット!

初めて目にする生GTに大興奮!! 猛烈なヒキがいざ自分に掛かったら耐えられるかな…なんて考えながら応援しているとあっという間に釣り上がりました! カッコいいです! おめでとうございます!

そして、風が強くなってきたということでこの日の釣行は終了です!

やはりGTはそう簡単には釣らせてもらえませんでした。。しかし、初挑戦でもキャスティングで沖縄の魚が釣れたことはとても嬉しかったです!
普段餌釣りをしていると中々ルアーに挑戦する機会がありませんでしたが、今回キャスティングをしてみて、ルアーに魚が掛かった時の感動は想像以上でした!
次回は春ごろに挑戦予定なので、それまでにしっかり飛距離を伸ばすための練習をして憧れのGTゲット目指して頑張ります!!

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ