ソルトルアー フィールドレポート

シーバスPE マックスパワー X8 実釣レポート

コアなシーバスアングラー御用達のPEライン。広くアングラーに支持されるVARIVAS アバニ シーバスPE マックスパワーがリニューアルされた。

その実力を探るべく、高知県浦戸で実釣している。まず感じることは、シルキーで他の製品よりも細く感じ、キャストした時のガイドの放出音を感じさせないことだ! 無音過ぎて違和感すら覚える。

強度はどうだろう? ここは浦戸湾。大型タイリクやアカメなどが釣れる場所、油断は禁物だ!

キャストをし続けシーバスをメインターゲットに釣りを始める。ベイトは居るがボイルや追われる様子がない。水切れの良さを生かし、丁寧にシャッド系ルアーを流した時だった。

重量感あるバイト!

「ゴンッ!」合わせを入れると

ジィ!ジィーーーーーーーッ!

アカメだ! 強気にかつ丁寧ファイトして取り込んだ! 強度の不安はすぐに解消されたのだ!

VARIVAS アバニ シーバスPE マックスパワー X8 1.5号で取り込んだアカメ。

通常同じサイズであれば、アカメはシーバスに比べ、ブッチギリのウエイトとパワーを誇る魚である。メーターには届いてはいなかったが、通常はPE2号から上の号数で挑む相手。この強度なら十分メーターオーバーのシーバスとも戦えることは語るまでもない。

釣行を重ねて90cmオーバーのタイリクスズキもヒット! 強度への信頼から強気のファイトで仕留めたのだった!


水深のあるポイントでしっかりとバイブレーションでボトムをキープできる水切りの良さも、特出した性能の一つ。小型バイブレーションをスローにリフト&フォールで流し、バイトに持ち込み、浮いてきたのは座布団級のヒラメであった!

飛距離、水切り抵抗の良さがこの出会いをもたらせてくれたのだ!

私は比較的手入れは雑な方だが、フッ素コーティングの「PEにシュッ!」を使っている。キープキャストを繰り返すゲームの中で、磨耗を防ぎ糸抜けも良い。毎回ノットをやり直すことをしない私のような怠け者には、一番頼りになるアイテムである!

各地でウエイトがのったシーバスがターゲットになるこの秋、信頼できるラインでゲームに臨みたい!


[タックルデータ]
Rod: HAYASHI & Purplehaze ICHOS PCH-830EX
Reel:SHIMANO TWIN POWER 4000
PE: VARIVAS Avani SEABASS PE MAXPOWER X8 #1.5
Leader:VARIVAS OCEAN RECORD SHOSC LEADER 40lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ