ソルトルアー フィールドレポート

台風通過直後のナイトシーバス!

こんにちは、バリバスフィールドテスターの梅田洋樹です。大型の台風が2つ連続で通過した山口県。瀬戸内は凪になったタイミングもありましたが、荒れた日が続きました。2回目の台風が昼間に通過し暴風域を抜けた夜に、シーバスを狙いで釣行しました。暴風域を抜けたといっても吹き返しの風でかなりの強風です。湾内はまだ穏やかですが、外海は夜でも白波が立っているようなコンディション。

ベイト(小魚)・シーバスは居心地の良い所に居るだろうと予想し、風の影響も少なくあまり荒れていないポイントへエントリー。選択したタックルはシーバスロッドにC3000番のリール。ラインはアバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 0.6号にリーダーはハードトップ TiNICKS 3号。風も強い中、細いラインは風の影響も少なく扱いやすいです。リーダーも3号(12lb.)クラス。一概にはいえませんが、魚は細いラインほど喰わせやすいとされています。魚種や狙い方、フカセ・キャスティング・ジギング・落とし込みなどアプローチは様々ですが、魚がラインの存在を嫌うことがよくあります。デイゲームで魚の向こうにキャストし、着水音では逃げず、ラインが水面に着いてそれを嫌い逃げる魚はけっこういます。ラインが見えている、または側線で感じ取り嫌っていると考えられます。しかし、細いラインを使うことでそれを少しでも緩和させることが可能です。その中でもマックスパワー原糸仕様のPEは細号数でも安心して使用出来ますし、リーダーのTi-nicksもチタンコーティングの効果で根擦れに強く信頼出来ます。飛距離も抜群ですね!

さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、フィールドはやはり台風通過後ということもあり波気こそあまりありませんが、濁りがそこそこ入りゴミも流れています。タイミング的には下げ3~4分といったところ。シーバスが下げ潮で、下って来るベイトを狙いっているであろうコースへアップにキャストし、流れより少し早いペースでリトリーブしてくると引ったくるアタリがありヒット! 流れがあるので力強い走りをみせますが見事に1投目でキャッチ!

ルアーを丸飲みにしていて、シーバスのザラザラの歯にリーダーが擦れていましたが、切れる気配は全くありませんでした。

しかも私がシーバスを掛けてやり取りをし、エラ洗いによって荒らしたポイントで同行者も同時にヒット! 2人で同時にシーバスのやり取りをする展開になっていました(笑)

その後は数回強いアタリがあるものの掛けることが出来ませんでしたが、少し間を開けてルアーをチェンジすると1投目でヒット!

濁りの恩恵もあったと思いますが、予想通りのポイントにベイトとシーバスが入っていてそれを釣り上げることが出来たので満足のいく釣果に恵まれました!

釣り上げた後は軽く蘇生させリリース。元気に帰っていきました。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ