ソルトルアー フィールドレポート

夏の九州ライトゲーム(ソルト&フレッシュウォーター)

こんにちは、フィールドテスターの中島です。今年の夏は、地元九州でさまざまなスタイルのライトゲームを堪能しましたので、その一部を紹介いたします。

7月14日は、大分県北部でボートアジングを行いました。釣り場の水深は20m程です。明るい内は、ジグヘッド単体、スプリットショット、ダウンショットをそれぞれ使用し、水深と潮流にマッチする重量を調査&調整。薄暗くなる頃に集魚灯にベイトが集まりだしてアジング開始。

まずは、重点的に攻めるべきレンジの確認です。始めに水面~10m以内をジグヘッド単体で効率良く探りましたが、豪雨が影響して上層は真水混じりの海水となりアジが殆ど居ません。そこで、ダウンショットに変更し、手早く海底付近を探るとアジがヒット。次に15m前後をスプリットショットで探り、そこでもヒット。再びジグヘッド単体にて10m前後や水面周辺を探ると反応はゼロ。

深いレンジの方が好反応なため、ここからは手返し重視でジグヘッド単体の重量を上げ、ボトムまで攻められる仕様に変更しました。このタックルは、潮流が緩い船の周辺を担当して貰います。スプリットショットは、ジグヘッド単体よりも離れた位置を攻める目的で使用しました。ある程度の潮流と水深でも快適にリグを操作するためのタックルを選択です。そして、ダウンショットはジグヘッド単体やスプリットショットでは太刀打ち出来ない強い潮流の攻略で使用しますバーチカルの釣りで重いシンカーを操り、潮流を感じ、バイトを感じる、という一連の流れを作れるタックルです。

これらのタックルを状況に応じて使い分けながら釣り進みます。上手くアジの群れに当たってからは良いペースで釣れてくれて、最終的には120匹以上の釣果となりました。水質の影響かアジの食い込みが悪く、海底から回収している間にバレることも多発したので、ヒット数としては200匹を余裕で超えていたと思います。

[ボートアジング タックルデータ①]
ロッド :7.3チューブラー(エバーグリーン)
リール :ヴァンキッシュ C2000S
ルアー :ジグヘッド単体(ヤリエ)・ワーム(エバーグリーン)
ライン :アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.3号
リーダー:フロロ 8lb.

[ボートアジング タックルデータ②]
ロッド :8.2チューブラー(エバーグリーン)
リール :セフィア CI4 C3000HGSDH
ルアー :スプリットショット(エバーグリーン)・ジグヘッド(ヤリエ)・ワーム(エバーグリーン)
ライン :アバニ ジギング パワーブレイドPE x8 0.6号
プライマリ・リーダー:フロロ 12lb.
セカンダリ・リーダー:フロロ 7lb.

[ボートアジング タックルデータ③]
ロッド :6.1ソリッド(エバーグリーン)
リール :GENESY 150H
ルアー :6~10号オモリ・ダウンショットフック・ワーム(エバーグリーン)
ライン :アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8 フルキャスト 0.8号
リーダー:フロロ 12lb.
フックライン:フロロ 7lb.
シンカーライン:フロロ 5lb.

8月11日には熊本県へエリアトラウトに行きました。連休中の海には行く気持ちが向かず、久々に淡水を楽しむことにしました。早朝の良く釣れるタイミングを利用して序盤に数を釣り、後半に試行錯誤するというプランでしたが、予想は大きく外れて序盤から試行錯誤モードに(笑)。それでも友人と丁寧に釣って行き、少しずつ魚をキャッチできるようになりました。

友人はイワナ、私はニジマスがメインと、魚種が偏ってヒットすることには困りました。


同じような装備ですが、上流でも下流でもお互いに役割分担をしているかのように、釣れる魚種が分かれます。浅場や流れの急な場所でも強引なファイトが出来るように、ラインは「アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.3号」を使用。ドラグ設定も50cmクラスのアジを秒殺ファイトする時と同様にして、トラウトも秒殺ファイトしています。安定した高強度だからこそ出来る設定です。

久々のエリアトラウトを存分に堪能しました。

[エリアトラウト タックルデータ]
ロッド :7.3チューブラー
リール :ヴァンキッシュ C2000S
ルアー :ハードルアー
ライン :アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.3号
リーダー:フロロ 8lb.

9月に入ってからは暑さが落ち着き始め、夜釣りが快適になってきました。海中はまだまだ夏ですが、アジを求めて9月1日に大分県南部へ行きました。

釣り場に到着して夕マヅメからスタート。潮通しの良い場所なので薄暗くなる頃からアジが釣れ始めました。サイズは小さめ、数は少々といった感じでテンポ良く数を稼ぐという風にはいきません。

ジグヘッド単体で手前を釣り、それより遠くはスプリットショットで釣るスタイルです。釣り場の中を小移動しながらアジを釣っていると、スプリットショットにかなり良型のメバルがヒット。

アバニ ジギング パワーブレイドPE x8」の強度を活かし、強気の秒殺ファイトで終了。夏の海での良型メバルは、潮通しが重要だと改めて思わされる1匹となりました。釣れたレンジはボトム近くです。潮に乗って入っている個体なので、完全なボトムではありません。そして徐々にアジの群れが少なくなり、先程より小ぶりなメバルを2匹追加したところで、この場は終了。


ランガンをしていくことにしました。ジグヘッド単体をメインに行く先で1~3匹を拾って行くスタイルで数を稼いで朝を迎えて釣りを終えました。

今年は本当に小さな豆アジなら多いですが、良いアジと呼べる個体が居る場所が少なく感じます。粘るより探しまわる方が結果は出るので、タックルも身軽仕様がオススメです。

[ライトソルト タックルデータ①]
ロッド :7.0チューブラー
リール :ヴァンキッシュ C2000S
ルアー :ジグヘッド単体(ヤリエ)・ワーム(エバーグリーン)
ライン :アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.3号
リーダー:フロロ 8lb.

[ライトソルト タックルデータ②]
ロッド :8.2チューブラー
リール :セフィア CI4 C3000HGSDH
ルアー :スプリットショット(アルカジック)・ジグヘッド(ヤリエ)・ワーム(エバーグリーン)
ライン :アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8 フルキャスト 0.8号
プライマリ・リーダー:フロロ 12lb.
セカンダリ・リーダー:フロロ 7lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ