ソルトルアー フィールドレポート

ソルトチャプター宮城第3戦 参戦

皆さんこんちは! フィールドテスターの佐々木です。

先日行われたソルトチャプター宮城第3戦に参加してきました! 対象魚はメバルで、5匹の総重量で競います。前日プラでは、大会の時間に合わせ18時30分から21時30分の3時間。競技エリアとなる女川港の中を、VARIVAS仲間の森本さんと一緒に行ったり来たりしてホットスポットを発見!

大会当日、スタートと同時に車を走らせ、見付けたスポットに入ることが出来ました。このスポットに入ったのは5人、開始早々からメバルが釣れ続けます。この場所は足元の堤防の基礎の穴にメバルが溜まっていて、そのメバルを掛けたら穴に潜られないようにするために、レングスがあり取り回しが利きくロッドが必要となります。そこで、ロッドはヴィオレンテ「ViOLENTE ライトゲームモデル VLL-711-T」を使用しました。

さらに、万が一潜られたときの根ズレ対策として、ラインは「メバルゲート フロロカーボン」の3lbを用意。4gのダウンショットに2inchのストレートワームをセットし、開始早々から良いペースで釣り続け、入れ替えを繰り返していきます。このタックルセッティングのおかげで根ズレで切られることはなく、掛けた魚は100%キャッチすることが出来ました。

終了時間を迎えウェイインすると5匹の総重量は496gとまずまずのウェイト。結果3位に入賞することが出来ました! 1位から5位の入賞したメンバーは同じスポットに入った5人!森本さんとダブル入賞することも出来ました\(^^)/

昨年も森本さんとダブル入賞しており、来年もダブル入賞目指して頑張りたいと思います!

[タックルデータ]
ロッド:ViOLENTE ライトゲームモデル VLL-711-T
リール:2500番
ライン:メバルゲート フロロカーボン 3lb.
フック:Nogales デスロック #2

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ