ソルトルアー フィールドレポート

土佐沖のキハダマグロ キャスティングゲーム

7月に入り夏の暑さも本格的になってきた。この頃から、土佐沖にキハダマグロが現れる。6年前に20kgを3本仕留めて以来、マグロからのコンタクトは無く、今年こそはと機会をうかがっていた。

7月下旬、知人の山中くんにお願いして土佐沖へと繰り出した。ポイントに着くと海鳥の群れが海面にたたずみ、狩りのチャンスを待っていた。この辺りにマグロは現れる。そう信じて待つことにした。

しばらくして海鳥の群れが動いた! 猛スピードで飛び立つ群れの先には、大きな水飛沫が上がっている。キハダマグロの狩りが始まった!! 船を回し、ロッドを握る。6年ぶりのマグロのナブラを前に、胸が高まる。冷静さを保ち、距離を詰めていく。動きの速いマグロをルアーの波動で誘う。

海面が爆発し、マグロが食ってきた!! しかし、これはフックが外れた。合わせが決まる前に、魚がこちらへ走った瞬間テンションが抜けた。流石のスピードだ。

すぐさま海鳥の動きを追いながら、ルアーを放つ。再び海面が弾けロッドが絞り込まれた! 合わせが決まり、疾走するマグロを食い止めに掛かる。重々しい引きから、マグロの鼓動を感じる。遂に奴の口元を捕らえた。ラインの強度は十分。システムにも抜かりは無い。

一気にマグロの体力を奪いに行った。イエローとブルーが美しく輝く魚体が姿を現す。いいサイズだ! ここでマグロの渾身の抵抗がロッドにのし掛かる。フロントグリップに、指が沈む。最後の抵抗を歯を食い縛り耐えた。海面へ浮上したマグロにギャフが入った!

船上に横たわる憧れの魚。



全力でサポートしてくれた山中くんとがっちり握手を交わした。

余韻に浸る間もなく、魚の処理に掛かる。灼熱の海でゆっくりしてはいられない。エラ、内臓を取り出し氷を詰め込む。船内の氷の山にマグロを埋め込み、フラフラになりながら次の魚を追いかけた。その後、一回り小さなマグロを1本追加し、十分過ぎる釣果を手に港へと向かった。

6年越しの2本のキハダマグロ。港での計測の結果、20kgと30kgだった。文句なしの記録更新である。信頼出来る仲間、タックル、折れない心があれば、更なる大型とも戦える。まだまだ巨大な奴が居る。私のマグロチャレンジは、まだ序章に過ぎない…。地元、土佐沖の可能性を見つめ、これからもチャレンジを続けていきたいと思う。

[タックルデータ]
ロッド :Tobizo TC86-110G
リール :ステラSW8000HG 14000パワードラグスプール仕様
ライン :アバニ GT マックスパワー プラス 6号 300m
リーダー:アバニ キャスティング ショックリーダー MAGURO 140lb.
ルアー :コンタクト フィード ダイビングウォブラー175
フック :カルティバ STX-68 #3/0
ロッドエンドキーパー:ファイティングサポートパッド ADA-08-GS

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ