ソルトルアー フィールドレポート

石川県奥能登のオフショアゲーム

みなさん初めまして。ソルトルアーモニターの谷本敦と申します。北陸を中心に青物をショア、オフショア問わず毎週追いかけてます。

本題に入りまして6月16日のレポートになります。石川県珠洲市狼煙漁港の遊漁船シーク号さんにヒラマサ狙いでお世話になってきました。遊漁船をやっているなかでも年齢が若い船長で勢いもあり、当日も出船ギリギリの予報でしたが船を出してくれました。

今回使用したタックルは3つ。PE 8号+リーダー180LB.タックル、PE 6号+リーダー140LB.タックル、PE 5号+リーダー120LB.タックルで挑んできました。

リーダーの長さは3ヒロでスプールに巻き込んで投げるかたちになります。巻き込んで投げると飛距離の問題、エアーノット等のライントラブルがあるかと思いますが、リーダーをVARIVAS オーシャンレコードに変えてからライントラブルが劇的に減り、ストレスなく釣りを楽しむことができています。

産卵を迎えた個体が多く、チェイスまでしてくるがバイトまでには至らないなか、色々とルアー操作を変え、アクションからの食わせの間、全てがリンクした時にデカイ水柱が立ちました。
この時のアクションはあまり派手なアクションは控えて泡を噛ませず、なるべく水面直下(5cm以内)を意識してショートダイブです。あまり潜らせ過ぎると見切られやすいのかなと思います。

手元に重みが乗ったのを確認しフッキング。根に潜られないように竿を立ててゴリ巻きスタイルで。

途中、根に走る素振りを見せましたが信用できるラインのお陰で1ミリもドラグは出さない設定で挑んでました。(危険ですが水深が非常に浅いため高負荷ドラグで挑みました)

リーダーがガイドを通り魚体が見えてから最後の抵抗もありましたが、難なくキャッチできました。


平政 106cm 11.1kg

ナイスな個体でよく引きました。
船長と同船してくれた仲間には感謝です。

これにて北陸春の平政シーズンは終盤で夏になると一気に渋くなり個体も小さくなりますが次はショアで獲りたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

[タックルデータ]
ロッド: SLOWHAND875PD
リール: STELLA 14000XG
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE Si-X 6号
リーダー:VARIVAS オーシャンレコードショックリーダー 140LB.
ルアー: 猛闘犬丸 猛大舞丸 21F- MG

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ