ソルトルアー フィールドレポート

初夏のライトゲーム雑誌取材 + バリバス講習会

こんにちは、フィールドテスターの梅田洋樹です。今回はライトゲームとエギングの雑誌取材がありました。その中で毎回講師として呼ばれている講習会を同時に行うことになりました。

暑いくらい天気も良く風もほとんどない絶好の取材日和。しかし不安要素が1つ・・・それは水色。数日前にそこそこ雨が降り海水の色があまり良くない。とんでもなく濁っている訳ではありませんが本来なら視認できるボトムがほとんど見えません。

アジは釣れるだろうと思っていましたがアオリイカはどうだろう・・・案の定アオリイカは2杯見かけただけで追ってくることもなく残念な結果に終わりました。そんな中でしたがアジはデイゲームでも釣れるだろうと思いやってみると1投目からアタリが。幸先良く1投目から20cmUPのアジをヒットさせることができました。

講習会参加者にも同じようにやってもらうと見事アジをキャッチ!

フカセをやられた方もキャッチしていました!

夕マズメになると少しサイズアップのアジも釣れ始めて本格的にライトゲームモードへ。

その後はコンスタントにアジが釣れ続けてている中、同行者に強烈なアタリが! 上がってきたのは51.5cmのチヌでした。

この時に使用していたラインはバリバス アジングマスター エスエル 0.3号にアジングマスター ショックリーダー フロロカーボンの0.5号です。このサイズの魚がこの極細ラインで獲れるとは驚きです。もちろん腕の良さもありますが、バリバスのラインなので必ず獲れると思ってやり取りされていたみたいです!

その後は他の凄腕同行者が磯周りでグッドサイズのメバルをキャッチ! これも根ギリギリを攻めているにも関わらずアジングマスター エスエルです。

エスエルはどうしてもアジ専用で細く弱いイメージがありますが直線強度は0.2号でも実はかなりあります。瞬間的な引っ張りや擦れにはもちろん弱い部分もありますが、使い方によっては大きな魚でも充分に獲ることができます。

今回の取材での釣果ですがアオリイカには出会えなかったもののフカセではグレも釣れ、ライトゲームではアジ・メバル・チヌと好釣果に恵まれました。

同行者のみなさん、バリバスのラインやロッドを使われ良い釣果を出されていました。そんな中でもみなさん、さすがにエスエルラインでの巨チヌには驚かれていました(笑)「さすがバリバス!強いねー!」っと嬉しい声が響きました!

信頼し安心できるラインを使用するだけで気持ち的にも余裕が持て、不意な大物にも充分対応できるようになります。みなさんも是非バリバスラインで釣行されてみてください。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ