ソルトルアー フィールドレポート

新島 ジギングテスト釣行

皆さんこんにちは、フィールドテスターの横島です。先日、新島沖でのラインとフックのテスト釣行をレポートします。今回のテストフィールドである新島へは、東京から定期船やセスナで島へ渡り船に乗る方法と、静岡県の下田より日帰り遠征での釣行とに分かれます。私の場合は、後者の下田からの日帰り遠征を利用しています。今回は鵜渡根への瀬渡し船に同船。ここでは、磯渡しの後に鵜渡根や新島の周辺海域のジギングを楽しむことが出来ます。同行のメンバーは私の釣友とモーリススタッフの田中スタッフ、佐藤スタッフ。


まだ夜が明けない午前4時前に鵜渡根に到着し、渡礁後に更に1時間程走ったポイントからスタート。水深160m前後のポイントでカンパチやヒラマサなどの青物狙いから始めますが、釣行当日は大潮で物凄く釣り難い状況でした。そんな状況の中でも性能チェック中のジギングラインは水切れが良く、他のアングラーよりジグが流されてしまう距離が短く、私達のアドバンテージとなってくれました。ラインスラッグの出方も少なく、ジグにアクションを加える上で高い操作性能を発揮してくれました。



潮の影響で釣り難く、ヒットが遠い状況でしたが船中でポツポツと魚がヒットしはじめました。狙う水深に応じてさまざまな魚がヒットしてくるので、ポイントに合わせてスタンダードジギングとスローピッチジギングを使い分けて攻略していきます。特にスローピッチジギングはオーシャンワークスのテストサンプルを使用し、ジグとのバランスやフッキング時の針の刺さり方などのデータを取りながらターゲットをキャッチしました。

今回のテスト釣行では、カンパチやヒラマサをキャッチすることは出来ませんでしたが、潮が速い状況下でのラインのフィーリングやフックのセッティングなど、多くのデータを取ることが出来た釣行でした。

これからも性能チェックと改良を加え、製品にフィードバック出来ればと思います。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ