ソルトルアー フィールドレポート

高知の青物サーフゲーム

厳しい冬が終わり、桜の花が見頃となった春のサーフエリア。ベイトフィッシュの動きも活発になり始め、青物の回遊が期待出来るシーズンとなってきました。ちらほら青物の釣果が聞こえ始め、はやる気持ちを抑えながら釣行のチャンスを伺っていました。

3月下旬の某日、早朝から近くのサーフへ。この日は、何の反応もありませんでした。

翌日、少しポイントを変えて再度チャレンジ。ミノーで様子を見るも反応はなく、ポッパーにチェンジし、トップへの誘い出しを試みます。すると間もなく水面が盛り上がり激しくバイト!

勢い良くリールのスプールからラインが引き出されます。障害物がないことから、慎重にトルクフルな青物特有の引きを楽しみながらファイトし、徐々に距離を詰めていきます。

その時居合わせた快いアングラーがランディングのサポートにまわってくれて、寄せ波に乗せたタイミングで無事キャッチすることができました。

素晴らしい魚と、素晴らしい景色、素晴らしいアングラーとの出会いもあり、また一つ記憶に残る良い釣りとなりました。

[タックル]
ロッド: ICHOS《イクオス》PHC-S830EX
リール: ツインパワーXD C5000XG
ライン: アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号
リーダー:VEP ショックリーダー[ナイロン] 40LB.
ルアー: TKP-135TT

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ