ソルトルアー フィールドレポート

新潟県 メバリング釣行

はじめまして。新潟県でライトソルトゲームをやっている、フィールドモニターの桐生清仁です。よろしくお願いします。

3月12日、新潟県村上の笹川流れ周辺での釣行をレポートします。天候は晴れ、気温0~2℃、風が少しあり2~3m、波は1mでうねりが少しありました。磯周り外海は波が被ることがあり、荒れていたので、影響の少ない湾内にメバルが逃げ込んでいると考え、湾内で釣りを開始。最初はプラグ(ミノー)で表層を素早く調査。フロートタイプでゆっくり巻き、バイトのタイミングを作るためのステイを繰り返しましたが反応はありません。

そこで中層からボトムを狙うためジク単に変更。風もあったので1.8gでスタート。ワームはピンテール系をチョイス。ジグヘッドは水の抵抗を感じられるように、しっかり水を噛んでくれるカップタイプを使用しました。沈み藻の際を通すとヒット。藻の周辺や中にいると感じ、藻の中を探るように沈めていくとフォール中にヒット。ロッドのパワーを活かし引き出しました。藻の中や際で2匹連続ヒットです!

新潟県は雪も無くなってきており、気温も上がってきていますが、水温はまだ低く、メバルの活性が安定せず渋い状況です。もう少し水温が上がり、海の状態が安定したら良型も楽しめると思いますよ。3月中旬になるとメバルの他に良型のアジも廻って来ますので楽しみです。天気が良くても波があったり、うねりが入ってる時もありますので、釣行の際は天気や波の情報を確認の上、安全に釣行を楽しんでください。

ラインはバリバス アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8を使用しました。風のある状況でも、8本撚りの効果で風の切りも良く、ストレスなく釣りが出来ました。細い号数でも強度があるので、藻の中をタイトに攻める時も安心です。

[タックルデータ]
ロッド: ソリッドティップモデル 86LXS
リール: 2000番
ライン: アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.2号
リーダー:ライトゲーム ショックリーダー フロロカーボン 6lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ