ソルトルアー フィールドレポート

石垣島 ビッグゲームに挑戦!

石垣島釣行は、ライトゲームでタマン爆釣の前半戦から、GTを狙う後半戦のビッグゲームへ。タマンを爆釣させた同行者の2人は、GT釣りが初めてです。頑張ってもらいましょう。

GT釣り1日目。波も多少落ちつき八重山諸島の海域をランガン開始。

しかしながら、全国的に大寒波が訪れていたタイミング。石垣島も例外ではなくとても寒い…水温もかなり低下したみたい。その影響か午前中はほぼノーバイト。かなり厳しい感じ…。大移動してイリオモテヤマネコで有名な西表島周辺のポイントへ移動。そして午後になり潮も動きだしたタイミングでラッシュが始まりました!

でた! のらない… でた! ばれた… でた! のらない… でた! ばれた…

先程までの沈黙が嘘のように魚からの反応が続きます。そしてようやく私がフックアップに成功。もの凄いスピードの引きに「セイルじゃない?セイルじゃない?」と、思ったが(昨年同じ海域でセイルフィッシュを掛けてるんで、本気でそう思った。)あがってきたのはセイルもなければ、角もないワフーことオキザワラ。嬉しいがちょっぴり恥ずかしいw


その後もバイトが続き、同船しているスタッフが何かを掛けた。しかし、ばれた…と、ほぼ私にビッグバイト! 下へ潜ろうとする力強い引きに「GTだ! GTだ!」 パワー的に30kg前後のGTだと確信してファイト開始。アバニ キャスティングPE スーパーマックスパワーで私のスーパーマックスパワーを出す! が、止められないw 私のスーパーマックスパワー不足ですw ヘロヘロしながらもなんとか魚があがってきた…ってイソマグロw

そりゃ私のスーパーマックスパワーでも止めれんわw これにてGT釣り初日終了。確実に海の状況が良くなってきてるのを感じられたので、翌日に期待感が高まります。

GT釣り2日目。アバニ キャスティングPE スーパーマックスパワーにはPEにシュッ!プロ仕様を拭きかけてしなやかさが回復。私もたっぷり寝たので私自身のスーパーマックスパワーも完全回復です♪

1投目から私のルアーにドッパーン! と、バイト。しかしミスバイト。朝からの魚の反応に期待感が高まります。そして次のポイントに移動すると同船者にドッパーンっとバイト。フッキングにも成功してやりとり開始。強烈の引きに耐え、船で深い場所へ誘導。誰もが(獲った!)と、思った次の瞬間まさかのフックオフ…もったいない…油断大敵でございます。

潮も緩くなり大移動。前日にラッシュが起きた西表島周辺のポイント。潮も再び動きだしたタイミングで私のルアーにバイト。あがってきたのは個人的に大好きなアカナー(バラフエダイ)。

そして同船者にもヒット。またアカナー。

ちゃっかり私にはダツがヒットしていたのでWヒットです♪

その後も何度かバイトはあったんですが、魚をキャッチすることができず、納竿となりました。

ダン!ダン!ダン!ダン!ダン!ダン!

実はこの日は波高の海況。行きは追い波でマシだったが、帰りはまさ地獄…。操船してくれている船長が1番大変なのは分かっているが、乗ってるだけの私達も超大変w 波を叩く度に腰が砕けそうであるw 1時間程耐えようやく帰還する石垣島が見えてきた(はぁ~なんとか帰れそうだ~)と、思っていたら急に船がスローダウン。(どうしたのかな?)って、思っていると船長から「どうしても気になるんで、少し投げてみて下さい!」と。まじですかw 急だな船長w でも、そういうの大好き♪ こうして突然延長キャスト開始。(ここで釣れたらドラマだよな~)と、思っていたら同船者に本当にバイト! いろんなことが重なり船上は大興奮状態ですw 皆の緊張感が高まりながら、ついに魚が浮上。ってGTじゃないw

あがってきたのはバラクーダ(オニカマス)。本命ではないが、皆大興奮でした。

残念ながら本命のGTを釣ることができなかったですが、ライトゲームではタマン爆釣、ビッグゲームでは多彩なビッグフィッシュが釣れてくれ大満足な釣行となりました。

石垣島滞在の最後の夜はお世話になったESCAPEの船長達と夕食。食材は私が釣ったイソマグロ。あまり食べるイメージがないイソマグロだが、鮮度抜群で超美味しかったです♪ 最高の思い出達をありがとうございました♪

[タックルデータ]
ロッド: GTロッド 8.3ft
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE SMP 6号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー ナイロン 130lb.

[ガイド]
石垣島レジャーガイド ESCAPE
HP:http://ishigaki-escape.com/
Tel. 090-6859-7275

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ