ソルトルアー フィールドレポート

宮古島 GT&セイルフィッシュ狙い  

沖縄県 宮古島に、GT &セイルフィッシュを狙いに行ってきました。


実は2017年年末にも宮古島に訪れており、その時もGT&セイルフィッシュ狙いだったのですが、セイルフィッシュは不在…GTはチャンス沢山あったのですがノーキャッチ…。結局バラクーダを釣っただけ…だったので、今回はリベンジ釣行です。

お世話になったのは前回同様に宮古島の人気GT船[MORIZO艇]。

GTの乗合便やGTを釣ったことのない人へのファーストGTスクールなどの企画があったり、船もフラット形状で投げやすく、船長も親切丁寧なのでGTフィッシングを初めてみたい方なんかにもお勧めです。

今回は同行者2人との3人でチャーター便で出船。ちなみに同行者2人はGTフィッシングどころかオフショアキャスティングが初めて。


船長の優しい指導のおかげで投げることはできるようになったのですが、まだまだ飛距離が出ません。

比較的浅い水深でGTを狙うことが多い宮古島のGT フィッシングでは、相手に船の存在感を気づかれないようにロングキャストは必須です。私はライトなGTロッドに、VARIVAS アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]6号とのナイロンリーダー 130LB.の組み合わせ。

比較的ベイトのサイズが小さいらしく使用するルアーも100g前後のルアーが多いので、ロングキャストとファイトのバランスを考慮したセッティングです。ちなみにラインにはPEにシュッ!を吹き付けています。GT以外の釣りでも必ずPEにシュッ!は吹き付けます。シュッ!とするだけで飛距離は格段に上がります。必ずやってください。ちなみにこういった飛行機を使う遠征では荷物にスプレー缶のPEにシュッ!を入れると荷物検査にひっかかることがあるので、現場にはPEにシュッ! プロ仕様を持ち込んでいます。(荷物に関しての詳細は航空会社に問い合わせてください)

いよいよ釣り開始。

2日間釣りをしたのですが飛距離が出ない同行者2人を完全に無視してバンバン投げる私w 寒波の影響を気にしてましたが(あまりの寒さに宮古島でダウンジャケット着てました)


アオチビキ


アカナー


特大アカナー(9キロ)

水の中は寒波の影響もないみたいでバイト連発。2日間で何かしらのバイト20発ぐらい、本命GTのバイトも5・6回ありフックアップに成功したのもあったのですがバラシ連発…一匹に至ってはネットイン直前まで寄せてきたのにバラシ…。最近GTのバラシ癖がひどい…。

そんな好調な私とは裏腹に同行した初心者2人は悪戦苦闘…バイトが出ません。ルアーの操作は大丈夫ですが、やはり飛距離が厳しいみたい。

(オフショアキャスティングしたことのない人にいきなりGTは厳しかったかな~)って思ってたら、一人に待望のバイト!

あがってきたのはGT! この方なんとワンバイトワンフィッシュでファーストGT釣っちゃいました! おめでとうございます!


そんなこんなで宮古島釣行を終了しました。

残念ながらセイルフィッシュは不在でしたし、私は本命をキャッチすることはできませんでしたが、GTの顔も見れたし、楽しかったのでOKとします。

冬の国内GTは厳しいって思われがちですが、ハイシーズンに比べれば厳しいかもしれませんが、全然楽しめますよ! たとえ釣れなくても、寒い時期に暖かい所へ行くってのもなかなか良いもんです(私は寒いの嫌いなんで)。是非チャレンジしてみてください。



[タックルデータ] 
ロッド: 8.3ft GTロッド
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]6号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー[ナイロン]130LB.
その他: PEにシュッ![プロ仕様]

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ