ソルトルアー フィールドレポート

デイ&ナイトのライトゲーム

こんにちは、バリバスフィールドモニターの梅田洋樹です。もう年明けも間近に迫ってまいりましたが、数日間デイ&ナイトでライトゲームを楽しんできましたのでご紹介したいと思います。

まずは、初日のデイゲーム。使用するタックルはロッドはワークスリミテッド SWフィネスのTFL-63Sと4S-610それに7fのアジングロッドです。610Sと7fアジングロッドには発売されたばかりのアバニ ソルトウォーターフィネスPE x8を。

610Sには0.2号をもう1本には0.3号を使用しリーダーにはハードトップ TiNICKS(ティーアイニックス)の1~1.5号を使い分けました。63Sにはアジングマスター エステル 0.3号にTiNICKS 0.6号をリーダーに使用しました。

まず610Sを使用し5gキャロで広範囲をサーチ。ソルトウォーターフィネスPE x8はノットも組みやすく根ズレにも強くTiNICKSとの相性はバッチリです! もちろんライトゲームショックリーダーも相性バッチリですよ(笑) 適度な張りもあり飛距離も抜群です。感度も良くボトム着底や魚信が良く伝わります。

ですが釣れるのはベラばかり。しかし砂地のボトムを攻めると…

良型のキスをキャッチすることができました。

その後、少し日が落ちてくるとサイズは小さいですがメバルを。

そしてアジをヒット。

ソルトウォーターフィネスPEはクリスタルホワイト採用で逆光でもラインが見易いです。デイゲームではラインでアタリを取ることもできますし、ナイトでも種類・光量によりますが常夜灯で視認することができます。

そしてナイトゲームへ。最初のポイントは豆アジばかりでした。

日が変わりテトラ帯で…


良型のアジをキャッチすることができました。

そして後日、今度はデイで圧倒的実績があるポイントへ行ってみることに。
ここでは普通のアジングではあまり考えられない4.5gジグヘッド単発でアプローチ。

すると1投目で、

25UPのアジがヒット。

その後も連発で

このポイントはやはりサイズも数も釣れます!

ボトムや瀬廻りをタイトに攻めると良型のカサゴとメバル。

そして今日のMAXは

泣き尺29cmをキャッチすることができました。

クーラーは良型の魚達で満タンです(笑)

デイゲームでアジ・メバル・カサゴのサイズと数釣りを楽しむことができました。この地磯は、沈み瀬やカケ上がりが多くあるポイント。今まではタイトに攻めると瀬で切られることが多くありましたが、今回TiNICKSを使用したことで、瀬に当たる感触があっても1度も切られることはありませんでした。

これからメバルのハイシーズンになってきます! 信頼のできるモーリス・バリバスの新製品 ソルトウォーターフィネスPE x8とTiNICKSを持ってデカメバルに挑戦してみてはいかがでしょうか♪

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ