ソルトルアー フィールドレポート

浦戸湾でアカメをキャッチ

今回は冬のボートゲーム。気温も下がりシーバスが狙える時期である。この時期でも油断大敵なのが浦戸湾。10kgを軽く越えるタイリクスズキや、突然アカメがヒットすることもあるのだ。シーバスを狙いながら大型の魚まで対応するためには、信頼の置けるシステムでなければならない。

私の選んだタックルは!
VARIVAS ハイグレードPE X8 1.5号とVARIVAS シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30lb.。信頼性の高いシステムである。


この冬、アカメロッドのテストを兼ねてボートゲームに出かけた。気温は下がり、北風が吹き荒ぶ中、価値ある出会いを求めてキープキャストを繰り返す。

その時だった。金属的アタリと同時にドラグが響く。アカメである。ギリギリなタックル故に無理はできない。時間をかけてユックリユックリ弱らせる。急な反転に対応するためにもドラグを緩めた。ユックリユックリと体力を奪い、浮き上がったのはメーターを越えるアカメ。できるかぎりユックリと体力奪い取り、ネットイン! PEラインやリーダー、ロッドを信頼しているからギリギリを感じ、信頼しているから耐えられるのである! サイズは110cm。重量は測定不能。20kgのメモリは軽く振り切った!


[タックルデータ]
ロッド: HAYASHI & Purplehaze ICHOS PCH-830EX プロト
リール: SHIMANO TWINPOWER 4000
ライン: VARIVAS ハイグレードPE X8 1.5号
リーダー:VARIVAS シーバス ショックリーダー フロロカーボン 30lb.
ルアー: ECLIPSE DRIFT PENCIL 110

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ