ソルトルアー フィールドレポート

大分県中部 エギング→メバル→青物 連続釣行

普段は殆どやらないエギングをしました。タックルは、キャロなどのアシストシンカーを使い遠投に使用するパワーモデル。組み合わせるラインも細くて強いVARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec 0.6号を選択。このラインは、細く滑らかなのでリグが面白いくらい飛んでくれます。そして強い。例えばアジの50cmがきたとしてもドラグを出さない設定で一気に巻き獲れる性能です。また細い8本組のお陰で、風や潮流の影響も最小限にしてくれます。エギングでもその恩恵は大きく快適な釣りができます。

序盤は、風・潮流の影響も大きくなくノーマルシンキングのエギ2.5号を投入。そして、1投目からアオリがヒット。

手前から探り、徐々に遠投していき3杯をヒットさせました。暫くアオリの反応が無くなり、風が吹き始め、潮流も出たところで再びアオリがヒット。エギは3号(ファストシンキング)にチェンジしていました。

先ほど言った通り、風の影響を最小限に抑えてくれるので快適に釣ることができ、グッドサイズのアオリを18杯キープできました。VARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-specは、ライトゲームにおける大遠投・繊細な操作・掛けてからのパワーファイトに大きく貢献してくれます。

[エギング タックルデータ]
ロッド: ライトゲームロッド 8.2ft
リール: コンプレックス 2500HGS
ルアー: エギ番長(エバーグリーン)
ライン: VARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec 0.6号
リーダー:フロロカーボン 12lb.

エギング後は、日をまたいで朝まで良型メバルを狙い。動きやすいように最小限の荷物にしてポイントをランガン。ベイトフィッシュも入っており、かなり期待の持てる雰囲気です。ブレイクとその先の海底に起伏のある場所で魚がヒット。良い突っ込みをするので油断せず一気に仕留めると、27cmの良型メバルでした。

狙い通りの結果に同様の形状をした場所を重点的にランガン。すると、またもや同サイズがヒット。

VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパプレミアムPE 0.3号の強度を考えると余裕過ぎる相手です。30cm超えが出ないか期待しながらランガンしていった場所で、先ほどよりも走りと突っ込みが激しい個体がヒット。こちらもロッドパワーと高性能なPEを活かして無駄な抵抗をさせずに秒殺ファイトで仕留めました。計測すると31cmの良型メバル。

さらに27cmの居着きを追加してライトゲームターゲットもキャッチできました♪

[メバル タックルデータ]
ロッド: ライトゲームロッド 7.3ft
リール: ヴァンキッシュ C2000S
ルアー: ジグヘッド単体(土肥富) / ワーム(エバーグリーン)
ライン: VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパプレミアムPE 0.3号
リーダー:フロロカーボン 8lb.

良型メバルもキャッチできて終わりにしようかと思いましたが、メバルを狙っている最中にベイトフィッシュが接岸していました。「これは青物も出るな」と思い、夜明けと同時に青物タックルを持ち出して再度釣り場へ立ちました。すると、早々にメタルジグへ大型青物がヒット。寄せている間に口切れでバレてしまいました。「残念…」と思いながら海を見ていたら、目の前で水面を割る個体が(笑) 手早くトップルアーに付け替えて狙うと3バイト目にガッツリと掛かる形でヒット! 無事に1本獲ることができ充実した釣行となりました。

[青物 タックルデータ]
ロッド: ショアキャスティングロッド 10ft10inch
リール: シーゲート 4500H
ルアー: フィードポッパー(タックルハウス)
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE マックスパワー 3号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー フロロカーボン 50lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ