ソルトルアー フィールドレポート

晩秋のアジング&エギング取材 バリバス講習会

こんにちは、バリバスフィールドモニターの梅田洋樹です。先日、雑誌の取材で晩秋のアジング&エギングに行ってきました。場所は沖一文字。沖一文字で取材を行うことで、良い機会なので同時に講習会も開催しようということなりました。

みなさん、雑誌取材がどのようなものか興味津々。もちろん私は取材対応をして、さらにアジングとエギングの講習会の講師も務めましたので、忙しい釣行となりました(笑) 注目のタックルとしてはメインで使用したVARIVAS ハードトップTiNICKS(ティーアイニックス)

そしてワークスリミテッド SWフィネスの写真も撮っていただきました!

受講者の中にはハードトップ TiNICKSを購入されて参加された方も数名いて、「このハリスは強くて使いやすく気にいってます!」っと言っていただき嬉しい限り! 14時前から実釣を開始。とりあえずエギングからやってみることにしました。すると、参加者の方が早々に釣ってくれたので、私も釣りをすることに。俗に言うイカパンチを2発くらうものの掛けることができませんでしたが、3度目の正直でヒット。

ラインはアバニ エギングPE マックスパワー 0.6号にリーダーはハードトップ TiNICKSの2号。ハードトップ TiNICKSはノットも組みやすく、今回の取材ではすべての釣りで使用しました。参加者の中には腕の立つフカセ師の方にも同行してもらい、フカセもやってもらいましたが、もちろんハードトップ TiNICKSが活躍してくれました。

エギングもある程度やった後で、デイの内からアジングへシフト。まだ明るい内はかなりの強風で釣りにくい状況でしたが、それでもアジを見つけてしまえば連発ヒット。受講者の方もヒットに持ち込みました。

マズメには良型のカサゴも顔を見せてくれました。ハードトップ TiNICKSの1号を使用してましたが、根擦れでブレイクすることなくキャッチできたようです。

ナイトへと突入。風もおさまり非常に釣りやすくなり、アジは入れ食い状態へ。

サイズは最大25cm程度。ワークスリミテッド SWフィネス TFL-63SにはエステルラインのVARIVAS アジングマスター
0.2号のジグ単で、4S-610Sにはアバニ ライトゲーム スーパプレミアムPE 0.2号のスプリットで組みました。

フカセではリリースも含め多くのグレをキャッチ。さらにチヌも釣れてくれました。

アジングでは3桁はいったであろう釣果。

結果終わってみると受講者の方も大満足の釣果となり、同時に良い取材になりました。受講者の方にはバリバスラインのクオリティの高さやワークスリミテッド SWフィネスのロッドの特徴も伝えることができました。雑誌記者の方にもワークスリミテッド SWフィネスを使用していただきましたが「このロッド凄いですね!」の一言(笑) バリバスクオリティを存分にアピールできた釣行となりました! これから寒さも深まりメバルに移行する季節になります。アジはサイズが上がり楽しい時期になります。みなさんもバリバス製品で釣行してみてはいかがでしょうか!

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ