ソルトルアー フィールドレポート

石垣島 GTチャレンジ!

北海道でのイトウ釣行から帰ってきたばかりですが、「欠員がでたので、来られませんか?」との誘惑に負けて南国 石垣島に行ってきました。対象魚はGTことロウニンアジ。さまざまな魚種を釣りに行く私ですが、掛けるまでもそして掛けてからも体力的にキツイGTゲームは、まさに力VS力! 最高に楽しくて大好きな釣りです♪

関西空港から石垣島へは直行便があるので楽チン! しかも、LCCも就航していますので移動費も安く済みます。イトウ釣行の時も利用しましたが、LCC万歳でございます♪

石垣島に到着すると、今回お世話になるレジャーガイド「ESCAPE」の船長が迎えに来てくれました。GT釣行は翌日から。時間を持て余していたので、半日ほど島内を案内してくれました。たまたま? 釣り道具が車に積んであったので少し岸釣りへ。メッキやオオクチユゴイが遊んでくれました♪


翌日からGT釣行がスタート。

今回、私は脇役。誘っていただいた主役の同行者が前に立ちキャスト開始です。

比較的水深が浅いポイントでターゲットを狙うことが多い石垣島のGT ゲーム。そのおかげか、多彩なゲストさんが遊んでくれます。

ダツ

イケガツオ

アカナー

アカジン

飽きない程度にバイトが続くので、集中力が続きます。チャレンジ初日は本命のバイトはあるものの残念ながらノーキャッチ。

しかし、2日目に同行者がやってくれました! 本命のGT 20kg!


同行者にとって初めてのGT。凄い喜んでいて、なんだかこっちまで嬉しくなっちゃいました。私も同行者も使っていたラインはVARIVAS アバニ キャスティングPE SMP スーパーマックスパワー

そう、「スーーパーーマックスーーパワーー!!!」です!

ここからは私の持論であり、賛否両論あるかもしれません。「GT=ゴツイタックル」というイメージが強いですが、私の場合、時々8号なども使ったりしますが、メインは6号で落ちつきました。12号を使っている方もいますが、大事なことは「自分にとって適性なラインの太さを使うこと」です。確かに、太ければ太いほど強度は増しますが、飛距離も落ちます。ロングキャストが必須となるこの釣りでは、飛距離がでないのは致命的。さらに、ラインを太くすると、必然的に竿も硬くなりルアーも大きくなります。無茶をして自分に合わないタックルを使用しても、投げる体力が続かなかったらバイトチャンスも減ります。自分の筋力や体力に合ったタックルセッティングが大切です。顔に似合わず非力な私は、比較的ライトなタックルでチャレンジしています。ラインは太ければ太いほど安心ですが、細くても強いが一番の理想。そういった意味で、VARIVAS アバニ キャスティングPE SMP スーパーマックスパワーを選んでおります。

そう、「スーーパーーマックスーーパワーー!!!」なのです!(正直、多少お値段は張りますが、安心してご使用できますよ!)

さて、またまた話を戻しますが、私は2日間のGT釣行で本命をキャッチすることができませんでした。2日間ともに本命のバイトもありましたし、かなり珍しいセイルフィッシュのバイトもあったのですが、針に掛からなかったんです…。針に掛からなかったら、私のスーーパーーマックスーーパワーーも発揮できません…もってなかったですね~。

何はともあれ同行者が本命のGTを釣ってくれて良かったです♪ 釣りの後は船長も交えて祝勝会の石垣牛パーティー♪

素晴らしい環境、そして人との出逢いに感謝です! ありがとう、そして大好きです♪ 石垣島♪

[タックルデータ]
ロッド: GTロッド 8.3ft
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE SMP スーパーマックスパワー 6号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー ナイロン 130lb.

[ガイド]
石垣島レジャーガイド ESCAPE
HP:http://ishigaki-escape.com/
Tel. 090-6859-7275

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ