ソルトルアー フィールドレポート

大分県南部 ボート&陸っぱりアジング

大分県南部にボート&陸っぱりのアジングへ行きました。まずは試したいことがあり、ボートで空いている堤防へ接岸。上陸してアジングを開始しました。水面近くはヒラセイゴの群れが捕食しまくりの状態。少し重いジグヘッド単体を投げて速いテンポで誘うとゴンっと乗る定番のパターンです。

「肝心のアジは何処にいる?」と思いながらレンジを刻んでいくと、ボトム付近を回遊しているようでした。比較的近い堤防の基礎との境付近に多く居るので、2gのジグヘッド単体を投入。ボトムを取った後に少々大きめにリフトをして、リグに追尾するフォールにヒットさせるという感じでした。

ある程度釣れたところでアジの群れが去り、セイゴが水面で暴れているだけになったのでボートアジングへチェンジ。数ヶ所のポイントに入りましたが反応がイマイチな場所が多く、ポツポツと拾っていく展開。

タイムアップが近づいてきたため、気になっていたポイントへ入りました。3gのジグヘッドを岸壁撃ちしての3投目、なかなか重量感のある魚がヒット。ラインやタックルに余裕があるので、サッとファイトを終わらせてランディングすると35cmのナイスサイズでした。

そのポイントに他にアジはいなかったようで、後に釣れるのはメバルとカサゴのみ。どうやら居残りの良型を引き当てたようです。過去の経験や季節ごとのデータを加えた上での「何となく撃っておきたい」は大事ですね。

[タックルデータ]
ロッド: アジングロッド 7.3ft
リール: ヴァンキッシュ C2000S
ルアー: ジグヘッド単体(土肥富) / ワーム(ヤリエ)
ライン: VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパプレミアムPE 0.3号
リーダー:フロロカーボンライン 8lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ