ソルトルアー フィールドレポート

大分県北部 秋アジ調査

大分県北部の秋アジ調査へ行きました。台風の大雨により海が濁っており、少しでも濁りが少なく潮通しの良い釣り場を選択。

夕マヅメを過ぎると豆アジの群れが大量に入りはじめ、目の前でライズが! 豆アジを釣ったり、実験リグを投入してみたりしながら良型が入るのを待ちます。ようやくポツポツとマシな小アジが釣れだしましたが、長くは続かず、満潮となる前に場所を変更。次の場所は、比較的濁りや入りやすい場所ですが、アジ・メバルがよく入るポイントです。こちらも豆アジが大量に入っており、何処に投げても連発。しかし、豆アジばかりなので早々に見切りをつけます。

移動した先は、他がダメでもこの釣り場だけは良型が入りやすい、少し沖に激流があるポイント。欠点は足場の高さ。そして、風が吹く方向が悪く吹き抜けるので強風になりやすく釣り難いポイントです。幸い風が吹いていなかったため、1投目から小アジですがマシなサイズがヒット。ジグヘッド単体でテンポ良く釣れるので、効率良くキャッチ数が稼げそうでした。しかし、途中から風が吹きだしジグヘッド単体が非常に扱い難い状況に。そこでダウンショットに切り替えて対応。ジグヘッドをスナップに接続しているので、そのスナップに小型スイベルを装着して60cmほどのラインを結び、その端にスナップを装着。簡単にウェイト変更が可能で、ジグヘッド単体に戻すのも簡単です。枝針仕様ではないので、絡みもなく、気軽に使えて釣果もしっかり出る便利なリグです。

満潮から潮が引き、アジの着き場が遠くなったタイミングでタックルをキャロへ変更。チョイスしたVARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-specは、細くて滑りが良く、強度も高い8本組みなので、アジングのキャロ仕様にマッチします。長さも200mあるので、大遠投する時や激流ディープエリアでも安心して使えます。風に逆らいつつ、シャローエリアを丁寧に釣るため、キャロはFRPとアルミを組み合わせたものを使用。狙い通り、明暗部にいるアジを連発。干潮になりアジの反応が薄くなるまで堪能できました。

[タックルデータ]
ロッド: PSSS-67S
リール: ヴァンキッシュ C2000S(シマノ)
ルアー1: ジグヘッド単体(ヤリエ)/ ワーム(エバーグリーン)
ルアー2: ダウンショット / ジグヘッド単体(ヤリエ)/ ワーム(エバーグリーン)
ライン: VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド スーパーエステル 0.5号 2.3lb
リーダー:フロロカーボンライン 6lb

ロッド: PSSS-82T
リール: コンプレックス 2500HGS(シマノ)
ルアー: FRP + アルミ キャロ(オリジナル)+ジグヘッド(ヤリエ) / ワーム(ヤリエ)
ライン: VARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec 0.6号
プライマリ・リーダー:フロロカーボンライン 12lb
セカンダリ・リーダー:フロロカーボンライン 6lb

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ