ソルトルアー フィールドレポート

ヨンマルキャッチ! 壱岐アジング

9月19日~21日、アジンガー垂涎の離島 壱岐へのアジング釣行。壱岐の本格的なデカアジシーズンは晩秋~初春にかけてといわれていますが、台風18号一過の恩恵に期待して、少し気が早い遠征を決行しました。19日に、博多港を20時35分発のフェリーきずなに乗り込み壱岐へ。郷ノ浦港までは2時間強の船旅です。

到着後、郷ノ浦港に近い電灯周りに直行しましたが、不発。2箇所目の堤防先端の外灯下でアジの群れを発見。ワークスリミテッド SWフィネス 4S-610Sに、ジグヘッド 1.5g + ワーム 3inchで、キャスト開始。1投目から吸い込みアタリが連発。20~25cmクラスが入れ喰いになりました。4S-610Sは1.5gクラスのジグヘッド単体の釣りにも適しています。繊細なティップとトルクのあるバットが特徴。超軽量・超高感度のため、「たんっ!」という吸い込みアタリは勿論、「すっ!」とテンションが抜けるようなアタリ、「もぞっ!」と居喰いするようなアタリなど非常に取りやすいです。そのまま、朝マヅメ直前まで入れ喰いを堪能しました。

午前5時前、急いで朝マヅメの回遊ポイントへ移動。壱岐のデカアジのほとんどは朝・夕マヅメの回遊狙いで釣れていると言っても過言ではないほど、マヅメはデカアジキャッチのチャンスタイムです。シーズン初期のため、外洋に面した波止の先端付近に釣り座を構え、回遊を待ちます。空が白々と明けてきたころに待望のアタリ。尺オーバーが連発したあと、反転流によってできた潮目にキャストして、2mほど沈めたワームに「タンッ!!」っと、デカアジ特有の指で弾いたような吸い込みアタリが…。アワセと同時にドラグが悲鳴。VARIVAS アジングマスター 0.4号の強度を信じて水面までやや強引に浮かせ、魚体を確認して玉網で掬いました。40cmジャスト。今春釣り上げた自己記録46.5cmにはおよびませんが、ヨンマルアジをキャッチです。


その後、ヨンマルアジとはめぐりあいませんでしたが、計7尾の尺オーバーをキャッチ。20~25cmのアジは150尾以上キャッチ。


大満足の遠征となりました。

[タックルデータ]
①ジグ単(1.5g前後)
ロッド:ワークスリミテッド SWフィネス 4S-610S 
リール:シマノ 2000S
ライン:VARIVAS アジングマスター0.3号 + VARIVAS ライトゲーム ショックリーダー フロロカーボン 5lb.

②ヘビージグ単(3.0g~5.0g)
ロッド:ハードソリッドロッド 6.9ft
リール:シマノ 2000S
ライン:VARIVAS アジングマスター 0.4号 + VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 7lb.

③メタル・キャロ
ロッド:MH 7.9ft 
リール:シマノ 2000HGS
ライン:VARIVAS アジングマスター 0.4号 + VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 10lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ