ソルトルアー フィールドレポート

大分県南部 ボートロック

アジングからの2時間仮眠でボートロックへ。狙いはオオモンハタをメインにアカハタなどのロックフィッシュ。

まず、入ったのは潮止まり時間がきても激流の場所。序盤は大型がきたときを考えて、強力なベイトタックルに2ozのテキサスや50gのジグヘッドを使いました。流れが早すぎて「VARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE x4 1.5号」では上手くボトムを取れず苦戦。時折くるバイトも乗せられず苦しんだので、「VARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE x4 1号」にタックルチェンジ。糸の太さにして0.5号の違いですが、無事にボトムを取りにアカハタをヒット!


しかし、すぐに下げ潮に入り流れが超激流となったため釣りにならない状態に。これから連発させようとしたところで時間切れとなりました。

その後、オオモンハタ狙いのため場所移動。オオモンハタがついているベイトフィッシュを探しながらランガン。船長から「今日に限ってベイトがいない」といわれ、1、2ヶ所回ってやっと誰かに1匹釣れるオオモンハタという状況。1匹釣っては、かなりの距離を移動する釣りとなりました。オオモンハタ主体のため、ジグヘッドをスイミングさせてテンションフォールする釣りとなるので、操作性を重視した「アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8 フルキャスト 1号」をチョイス。伸度が低く、僅かなバイトも逃さない仕様で、シビアな状況において少しでも多くアタリを拾うためのセッティングです。

数ヶ所回った所でバイトがありフッキング! 一気に回収して無事にオオモンハタを獲ることができました。

今回は、激流とベイトフィッシュの少なさに苦労させられました。次は激流への対策を今回以上に行い、確実に対応できるようにして挑みます。

[タックルデータ]
タックル①
ロッド: ZAGS-85 ファストブレイク
リール: レアニウム C3000
ルアー: ジグヘッド単体(エコギア)+ ヘッドシェイカー 4inch
ライン: VARIVAS アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8 フルキャスト 1号
リーダー:フロロカーボンライン 25lb

タックル②
ロッド: TMJC-77H ワイルドスタリオン(スピニング仕様)
リール: アルテグラ C3000
ルアー1: テキサス(デコイ)+ ダブルモーション ロックフィッシュカラー 3.6inch
ルアー2: ジグヘッド単体(エコギア)+ ヘッドシェイカー 4inch
ライン: VARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE x4 1号
リーダー:フロロカーボンライン 25lb

タックル③
ロッド: マグナムハスキー 72XH
リール: ビッグシューター
ルアー1: ビーンズシンカーTG(ジャングルジム)+ ダブルモーション ロックフィッシュカラー 3.6inch
ルアー2: ジグヘッド単体(エコギア)+ ヘッドシェイカー 4inch
ライン: VARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE x4 1.5号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー フロロカーボン 8号 30lb

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ