ソルトルアー フィールドレポート

初秋のショアライト青物ゲームを楽しむ♪

こんにちはバリバスモニターの梅田洋樹です。朝晩がめっきり涼しくなってきたこの時期。昼間はまだまだ残暑が厳しいですが、地磯絡みのポイントへ青物調査に行ってきました。

初秋とはいえ、まだまだ海の中は夏といった感じ。チヌがトップウォータープラグで釣れるだろうと思いペンシルをチョイス。ラインはアバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 0.8号 + シーバス ショックリーダー フロロカーボン 12lb.。アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサーはマックスパワー原糸と特殊表面加工、ハードコーティングで抜群の飛距離がでます。シーバス ショックリーダー フロロカーボンもプレミアムフロロカーボン採用なので信頼の強度です。チヌはもちろんのこと、場所にも因りますがこの組み合わせで60cmクラスの青物とも十分勝負できます!

1投目。ドッグウォークで誘うといきなり「ジュポッ!!」っとチヌのバイト!

良型のチヌをキャッチできました。

幸先良くチヌをキャッチできたので、少し歩きポイントを変更。ここからは完全に青物狙いにシフト。タックルはそのままにルアーだけメタルジグへ変更します。フルキャストしてボトムを取り、そこからワンピッチやハイリトリーブ、スローピッチなどを織り混ぜながら誘っていきます。すると釣友にヒット。「やったか!」っと思いましたが、あまり走らず独特の首振り。上がってきたのは俗にいう年なしのチヌでした。

その後、同サイズのチヌを追加。

どうもチヌの活性が高いようです。「青物は居ないのか?」 諦めずに誘っていきます。すると「ゴンッ!」と明らかな生命感。しかし、フッキングには至らず。もう一度ボトムを取り、ジグを跳ね上げフォールさせるとその途中でバイト! これは明らかに青物の引きです。立ち位置の前に大きな瀬があり、その瀬に突っ込みますが耐えます。

そして見事キャッチ!

釣れたのはカンパチの幼魚ショゴでした。カンパチも出世魚ですので、地域により呼び方が変わってきますが、サイズは40cmちょっとの個体です。その後サイズアップを狙いましたが、ヒットはありませんでした。

それにしても、アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサーの圧倒的な飛距離には驚かされました。さらにPEにシュッ! を使用していましたがノントラブルで快適にキャストすることができました。また、青物といえば太めのラインを選択することが多くなりますが、場所によっては今回使用したセッティングのように、ライトな細いラインでも十分キャッチすることができます。私はPE 0.8号 + フロロカーボン 12lb.で80cmまでのハマチをキャッチしています。シーバスタックルをお持ちの方は、そのまま使用することも可能性です。ちなみに、今回の釣行ではシーバスロッドに2500番のLBDリールを使用していました。

意外にライトなタックルで狙えるショア青物。これから迎える青物ハイシーズンに、ぜひとも信頼できるバリバスラインでスリリングなファイトを体験してみてはいかがでしょうか!?

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ