ソルトルアー フィールドレポート

大分県南部~宮崎県沖 シイラ&ロックフィッシュゲーム

シイラ&ロックフィッシュゲームへいきました。

今年は、シイラが小型ばかりであまり楽しめず…かわりにロックフィッシュとパヤオのヒレナガカンパチが絶好調です。


釣行当日は、早朝にロックフィッシュを狙い、良いポイントに入れたことで1投1匹の連発。30g、50gのジグヘッドとワームを組み合わせ、ボトムを取った後に1m浮かせてレンジを上下。船を流していきながらヒットさせます。操作性が良いジグヘッド単体の釣りは、狙ったポイントを攻めやすい。アカハタをメインにカサゴ、オオモンハタが混ざりました。



ほどほどにロックフィッシュのキャッチを稼いで、パヤオ撃ちへ移動。小型シイラが大量に群れていますが、大型の気配はない。小型シイラと遊ぶのは面白みに欠けるので、ある程度釣ったところでヒレナガカンパチを小型メタルジグで狙うと入れ食い状態(笑)

フックには貫通性能が高い「Nogales ゼロフリクション トリプルフック #10」を使用。また、「VARIVAS ハイグレードPE X8 0.6号」に太目のフロロリーダーを使用しているので安心してファイトできます。ヒットするとパヤオへ一直線に走るので強めのドラグ設定にし、少々強引に走りをストップさせて、こちらを向かせます。

今回もったいなかったのは、140cmほどの良型シイラを掛けて瞬殺ファイトをしたところ、船まで寄せたところで痛恨のバラシ。その際、使用したラインは「VARIVAS アバニ キャスティングPE マックスパワー 4号」に「VARIVAS ショックリーダー フロロカーボン 50lb.」の組み合わせ。強力なラインの組み合わせにより、全力で良型シイラを仕留めにいくファイトが可能です。また、キャストの飛距離が伸び、遠くからパヤオ周辺を狙い撃ちできるので、船を近づけてシイラを刺激せずにアプローチできるメリットも大きかったです。

[使用タックル]
ロッド: PSSS-84T
リール: セフィア CI4 C3000HGSDH
ルアー: ジャベリンジェット 7g + Nogales ゼロフリクション トリプルフック #10
ライン: VARIVAS ハイグレードPE X8 0.6号
リーダー:フロロカーボン 25lb.

ロッド: TMJC-77H ワイルドスタリオン
リール: ジェネシー 150H
ルアー: へヴィジグヘッド + ダブルモーション(ロックフィッシュカラー)3.6inch
ライン: PE 1号
リーダー:フロロカーボン 25lb.

ロッド: POHS-77 オーシャンハンター 77
リール: シーゲート 4500H
ルアー: ポッパー・ペンシル
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE マックスパワー 4号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー フロロカーボン 50lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ