ソルトルアー フィールドレポート

アカメ釣行レポート 2

大型のアカメを捕りたい。

テーマはタックルバランスにあるが、そうはいっても、地元でルアーを投げて120cmオーバーを掛けられるチャンスはそうそうない。30kgを越える重量、そして団扇のような尾びれ、青物ようなスピード、大型になればなるほど本気でファイトをしないと、体力を削ぎとられ、弱らすことすらできない。

今年6月に120cmを手にして天を仰いだが、それを機にPEラインを2号から3号に上げた。まだ見ぬ世界を実現させるために選んだのは、VARIVAS アバニ キャスティングPE SMPだ。耐久性や摩耗強度を最高レベルで考えた選択である。

釣行を重ねて、120cmオーバーとの勝負ができるチャンスが訪れた。準備もした! ルアーのレンジや動き、そして、大型アカメとのファイトイメージはできている。

ガッツン!!

ギァーーーーーーーーーーーー!!

3kgほど掛けたドラグが吹き出る。その引きは、「オレと勝負してみろ!!」といわんばかりの引きだ。重く、暴力的で速い。弱気になると負ける。今までも何度も負けてきた。1時間以上ファイトをした人もたくさん見てきた。こちらが弱気になればなるほど、ヤツは強気に出てくるのだ。

VARIVAS アバニ キャスティングPE SMPの強度を信じてロッド曲げる。ファイトというより、まるで綱引き! ここまで強気にロッドを曲げられるのは、信頼したPEだからこそなのだ!

ガボッ! ゴボッ!

モンスタークラスであることは明確であった! 今までの経験を生かした壮絶なファイトの末に…

寄ってきた、素晴らしい大きさのアカメである。ランディングする瞬間、大きく暴れ、締め切ったドラグが吹き出た刹那、大きな尾びれで水面を叩き水柱が上がる。どうにか、ゆっくり寄せてランディング成功。

124cmのアカメ!


夢のサイズをシーズン中、2本も手にすることができたのは、信頼を寄せられるラインがあってこそである。

[使用タックル]
ロッド: HAYASHI & Purplehaze プロト
リール: SHIMANO TWINPOWER XD C5000
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE SMP 3号
リーダー:ショックリーダー フロロカーボン 70lb

ページトップ