ソルトルアー フィールドレポート

アカメ釣行レポート

高知ではアカメが狙える。この地に生まれた私は、幼い頃から神の魚だと教えられた。

現在、国内で狙えるラテス族が唯一釣れるフィールドとあって、夏になるとコアなアングラーたちが夢を求めて訪れる聖地となっている。タックルもさまざまで、皆、思い思いのロッドを持ち込む。ショアジキング用、スズキ用、固さやバランスはバラバラだ! そして出会える魚も十人十色。実際に私もPE 3号 300mを、ノンストップで出し切られた経験がある。

とんでもない化け物が潜むフィールドに夢を追いかけるのだ!

10日にワンバイトと長時間の厳しい釣りになること考慮すると、ロッドはできるだけ軽いものが適正だと感じる。しかし、相手は最大40kgにもなる魚! それに耐えられるロッドと十分なラインが必要だ。私の選択するラインはアバニ ジギング パワーブレイドPE ×8 2号。リールの大きさや強度、ラインキャパを考慮した選択である! スローリトリーブがメインとなる釣りにおいて、糸の張りが必要となるためこのラインが適していると考えている。



さて、今回仕事が終わり時間が空いたので、アカメ釣りに出かけることにした。いつ、どこで30kgを超える魚が現れるか分からない。だからこそ、万全の結束強度を保ったパーフェクトな状態で臨みたい! よってノットは摩擦系を選択する。

ポイントへ到着して一通り眺めるが、特にベイトがいるわけでもなく魚の雰囲気はない。いそいそと準備をして釣りを始め、しばらくすると、流れが変わった。そして、ドリフト気味に流したルアーの体勢が変わった瞬間、ゴンッ!!

ラインテンションが抜ける。これは大型に多いアタリで、何度も痛い目にあっている。アカメは口全体が固く、甲羅のようになっているため、反転してからアワセを入れないと、フックが掛からずバラシ率が上がるのだ。ロッドで少し聞いてから、反転と同時にアワセ入れることが肝と感じている。

一呼吸おいてアワセをいれる! おっ、重い…! ドラグが唸る。

ギャー、ギャァァーーーーーッ!!

走る先には障害物! 力いっぱいロッドを曲げてフルベントする。握りしめるレバーブレーキに力が入る。しかし…無情にも吹き出る糸。鳴り響くドラグ音。

ギャァー、ギャギャーーーーーーーーーー!!

迫る障害物にアドレナリンも吹き出る。ラインを信じてスプールに手を添えた! 行くな行くなと呟く…が、反撃はおさまらない! 軋むロッドとリールは今にも壊れそうだ。あと5m…4m…エラ洗いをしてくれ!と祈る。スプールを押さえ、さらにロッドを曲げ切る。あと3メートル! 障害物に巻かれては勝負にならないのは必然である。

ゴボ!ゴボゴボッ!! 重々しいエラ洗いを見せた、デカイ…!

間髪い入れずに、巻けるだけこちらに寄せる。リールを数回転、果たして巻きとれたか覚えていない。足元には暴れる魚の動きでさざ波ができる。そしてまたエラ洗いをする! とてつもない圧力と堂々した風格を感じさせる。少しでも緩めると重量だけでドラグが滑るほどだ! 寄せてはドラグを出され、止めては寄せる。ラインを30m以上出すことができない狭すぎるファイトゾーンで、逃げ場のないギリギリの戦いを繰り広げた。

少し弱り始めたのか? 右往左往するようになる。今までこの状態から気を抜いて、のされたことも何度かある。まだ余裕があるように、重さにものをいわせ右往左往する。急激な走りに対応するためドラグを緩めた。初めのパワーファイトでフックもラインも、もう限界になってるはずだ! 警戒しながらファイトを続ける。

ギャァーーーーッ!!!!

走り出した!? まだそんな力が残っていたのか? 一直線に障害物に走る。ソフトかつ力強くロッドを曲げ切り、スプールに指を添えた。止めにかかる、止まれ!止まれ!止まれ!止めるしかない…!! スプールを押さえ止める。

と…止まった!

激しいバトルも終わりを迎えた。ゆっくり、ゆっくり寄せにかかる。レバーブレーキを駆使しながらできる限り怒らせないよう慎重にやりとりをする。ライトも点けたいが、点けた瞬間驚いて反転される恐れがあるため控えた。足元まで寄せてテンションかけると水面から顔がユックリ、ガボッと現れた。

でっ…デカイ! 大物のランディング成功に安堵する。




現れたのは120cm、30kgを超える素晴らしい体高のアカメ。自己記録には及ばないものの、2年越しのメーターオーバーとの壮絶なファイトに座り込み天を仰いだ。





進化するPEやリーダー。自分の想像以上に強いものと実感したが、万が一に備えて、結束などには十分注意する必要があると感じる。








[使用タックル]
ロッド: HAYASHI & Purplehaze プロト
リール: SHIMANO BB-X TECHNIUM C4000D
ライン: アバニ ジギング パワーブレイドPE ×8 2号
リーダー:ショックリーダー フロロカーボン 60lb
ルアー: GAN CRAFT 邪鮎 JOINTED CLAW 178 クリアカラー

ページトップ