ソルトルアー フィールドレポート

超低伸度! アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8で流れの中のシーバスを仕留めよ!

今年1月、パシフィコ横浜で開催されたフィッシングショーを見学した際に、アピアブースに遊びに行き、VARIVASフィールドテスターでもある、キムラックスこと木村仁さんに「撮影を兼ねて、新製品のVARIVAS アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8でシーバスを釣りたいけど、どこがいい? 」と相談。「4月の利根川が良いと思います」と木村さん。

「OK! それではロケ、よろしくね! 」

そういうわけで、4月の2回目の大潮に合わせて、木村さんと利根川釣行に行ってきました。今回は、一般的なPEラインに比べ30%程度伸びを抑えた超低伸度PE「VARIVAS アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8」で、流れの中のシーバスを狙います。

撮影初日、利根川近くのファミレスにお昼ごろ集合し、ランチを食べながら撮影の段取りを打合せ。木村さんからは「今年の利根川は例年のパターンから外れ、2月の厳寒期にビッグワンが出ていたのですが、現状はちょっと難しいです…けど、何とかします! 」と、心強い一言。期待を胸にフィールドへ向かいます。

利根川に着くと潮が上げていて水門が閉まり、水の動きがない状況。しかし、撮影には「光」も重要なので、たとえ厳しい状況でも釣りをします。流れを生む水門開放は、下げ潮にならないと行われません。上げ潮の日中は水の流れがなく、残念ながら魚を見ることはできなかったので、日没までイメージ撮影となりました。

一旦川を離れて、ラーメン屋に入りスタミナ補給。「夜の部」の相談をし、上げ潮の水門が閉まるまでがチャンスということで、再び利根川に戻ります。

水門が開放されていて、川には流れが出ており、流心部は激流です。「釣れそう…いや、釣れる!」ことを確信。昼間とは違い、多くのアングラーがポイントにいます。カメラのフラッシュを焚くので、他のアングラーに迷惑がかからないよう、木村さんは一番下手に立って釣りを開始しました。僕は竿を振らず、アシスタントに徹することにします。しばらくすると、上手のアングラーが連続ヒット! 期待が膨らみます!

「来ました! 」

ついに木村さんもヒットです! 暗闇の中、フォトグラファーの浦さんがバシバシ写真を撮ります。この暗さでピントを合わせられるなんて、流石です! 僕の写真はピンボケだらけ…


「ラインの伸びが少ないので、流れの中のルアーにしっかりとアクションを加えることができ、小さなアタリも明確に手元に伝わりますよ。」と、木村さんが超低伸度PEの印象を教えてくれます。「そして何より、この風の中で、トラブルがまったくないのがいいですね! 」そうなんです。この日は風が強く、PEラインを扱うにはやっかいな状況でしたが、シーバスPE スーパーセンシティブ LS8は超低伸度編みのため、張りが強く、ガイド抜けが良いのでトラブルが少ないのです。

…あぁ、釣りがしたい(心のつぶやき)

その後も木村さんは2尾のシーバスを釣り上げ、撮影は順調に進み、午前1時半には「夜の部」終了となりました。撮影取材中に魚を出すことは容易でないので、一安心です。

撮影2日目。この日は曇り予報のため、朝マズメの「光」は諦めて、「魚を絡めた撮影」に的を絞り、シーバスをガッツリ狙うことに。しっかり朝食をとって、いざ利根川へ!上げ潮で水門が閉まるまでのベストタイムが勝負です。

川に到着すると、昨日とは打って変わって激流になっておりビックリ! 水門から勢いよく出る上流からの流れと、下流から上げてくる潮の流れがぶつか合っていて、いかにも釣れそうな気配です。ポイントになる中州へ向かい橋を歩いていると、シーバスを掛けているアングラーの姿が。これは期待できます。

アングラーが少なかったため、スムーズにポイントに入ることができ、さっそく釣りを開始。シーバスの気配ムンムンで我慢できず、僕も一番端でロッドを振ることに。すると木村さんがバイブレーションでヒット! 撮影のプレッシャーから解放されて、笑顔がこぼれています。やや小型のシーバスだったので、早々にリリースしてサイズアップに期待。

しばらくして、また木村さんがヒット! 今度は良型のシーバス! 撮影時間が長くなります。つまり、僕の釣りはお預け…

長~い撮影が終わり、僕も竿を振ることに。流れの強い流心部にローリングベイトを投げ込み、すぐにリリーング。超低伸度なので、強い流れの中でもルアーの振動が手元に伝わり、しっかり泳いでいるのが分かります。また、ブルーグリーンのラインカラーは視認性に優れており、激流の中のルアーポジションをしっかりと目で追うことができます。

着水から10回ほど巻いたところで、「コンコンッ」と小さいアタリを感じ、その直後にズシッ!と重みが加わって、ロッドが曲がる。僕にもヒットです! 久しぶりのシーバスに緊張しながらのファイト。ロッドがグイグイ曲がり、手元に魚の重量感が伝わります。ラインが出てドラグが鳴る。あぁ…この感じ、いいですね。「杉さん、ランカーですよ~」と木村さんの声。確かに良いサイズのようです。ラインの強度は十分あるので、信頼して魚を引っ張り寄せることができました。

木村さんがランディングしてくれて無事にキャッチ成功。「杉さん、いいサイズじゃないですか! 」木村さん、ありがとう! あなたのお陰で、久しぶりに「スズキ」サイズのシーバスを釣ることができました。せっかくなので、プロカメラマンに撮影を依頼。「アシスタントがモデルよりデカいの釣ってどうすんのよ!」的な苦笑いを浮かべながら、浦さんがシャッターを切ってくれます。仕方ないじゃないですか。サイズは選べないのだから…

こうして、僕のグッドサイズが上がった直後、水門が閉まってアタリが遠のき、2日間にわたる撮影が終了となりました。

今回の利根川釣行で、シーバスPE スーパーセンシティブ LS8の高いポテンシャルを実感しました。これから各地で、リバーシーバスがシーズンインしますね。今回のような流れのあるフィールドでお勧めのラインですので、ぜひ使ってみてください!

ページトップ