ソルトルアー フィールドレポート

バリバスタックルでディープジギングゲーム

皆さんこんにちは。
ソルトウォーターフィールドテスターの横島です。

春の訪れと共にアングラー達が動き出す季節になりましたね。ジギングゲームをメインとする私にとっても動きやすい季節です。
前回の房総 館山沖キンメダイ狙いに続き、今回は相模湾の中深海ジギングに行ってきました。

狙う水深は300m前後のディープエリアで、狙いはキンメダイを中心にクロムツなどの深海性ターゲット五目釣りです。
つまり狙える魚は何でも釣っちゃおう!という欲張り釣行。


タックルはヴィオレンテ スロージャークスタイル VLJ-63-Lv3に、スーパーコンダクターLS4の1.5号と2号の2タックルを用意して、状況と水深に応じて使い分けました。

潮が緩く比較的にボトムを取りやすい時には、スーパーコンダクターLS4の2号のラインをチョイスし、確実性を重視したタックル選択をします。メダイやシマガツオなどのパワフルファイタ―にも安心してファイトできるタックルパワーを有するので、重めのジグで手返し良くターゲットを狙うことができます。

一方、スーパーコンダクターLS4の1.5号をセットしたタックルは、潮が速い時や軽めのジグでフォール重視のジギングを展開したい時に活躍してくれます。今回の釣行でも潮止まり前の弛みの時間帯に、フォールを意識した釣りを展開して釣果を伸ばすことができました。

ジグは300g~450gまで使用しましたが、ヴィオレンテ スロージャークスタイル VLJ-63-Lv3は300mオーバーの水深でも的確に操ることができます。さらに、高感度なスーパーコンダクターLS4のおかげで次々とバイトを取ることができました。

また、今回の釣行で私を助けてくれたアイテムがアバニ オーシャンワークスのツインアシスト ライトジグ。


↑製品ページへ↑

少ない力で的確にフッキングできるバランスと形状、そしてゼロフリクションコートによる抜群の刺さりがアドバンテージとなります。

毎釣行、私のソルトゲームを助けてくれるバリバスタックル、その信頼はこれから先も…

[タックルデータ]
ロッド:  ヴィオレンテ スロージャークスタイル VLJ-63-Lv3
ライン:  アバニ ジギング スーパーコンダクターPE LS4 1.5号・2号
リーダー: ショックリーダー フロロカーボン 30lb・25lb
フック:  アバニ オーシャンワークス ツインアシスト ライトジグ(ゼロフリクション)#2/0
その他:  PEにシュッ! プロ仕様

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ