ソルトルアー フィールドレポート

新アシストフックシリーズ「アバニオーシャンワークス」で
外房のワラサをフックアップ!

3月28日、写真撮影でVARIVASフィールドテスター横島さんと、外房の青物ジギングへ行ってきました。

今回の釣行は雑誌広告用の写真撮影がメインですが、4月に発売になる新アシストフックシリーズ「アバニオーシャンワークス」の「脅威のゼロフリクションコート」を体験することを兼ねています。その刺さり具合はいかに!?

朝5時に千葉県いすみ市の大原港に到着。お世話になる釣り船は松鶴丸さん。船長の中村さんはとてもソフトな人柄で、お客様ひとりひとりに目を届かせてくださり、初めてでも安心して釣りが楽しめます。



5時半出船。この日はうねりが大きく、九十九里のサーフは頭オーバーからダブルサイズの波がさく裂するほど。次から次へとやって来る大きなうねりを超えて、船は進んでいきます。

1時間ほどで釣り場に到着。僕は撮影のため、カメラマンのサポート。横島さんをモデルに撮影をします。なので、釣りはちょっとお預け。

皆さん期待を胸に釣りをスタート。すると、すぐに…
ジジジーッ!

他のアングラーが一投目からヒット!
…ジジジーッ!
そして、その隣のアングラーもヒット!
それから
ヒット!ヒット!ヒット!…




船内、入れ食い状態に!
中村船長、次から次へとランディンで大忙しです。

ジジーッ!
横島さんもヒットです!



ヴィオレンテ ジギングモデル VLJ-S63-Lv3が気持ちよく曲がります。
上がってきたのは2kgくらいのサンパク(ワラサとイナダの間)。
口にしっかりとアシストフックが刺さっています。



今回使用したのはアバニ オーシャンワークス ツインアシスト Vカット ウルトラシャープ[ゼロフリクション]の3/0。





ハリ先をV字状にカットしているので鋭さが半端ないです。
しかも、ハリにゼロフリクションコートを施し、これにより摩擦係数が限りなくゼロに近いため、貫通性能も抜群!
フッキングの感触が「スコーン!」と軽く、一瞬でフックアップしているのが分かります。

ウネリで大きく揺れる船上で、撮影が進んでいきます。
カメラマン滝さん、船酔いしないのでしょうか。



このウネリの中で僕はファインダーをのぞき続けたら、間違いなく地獄行きです…

魚がよく釣れて、写真撮りも順調なので、僕もちょっと釣りをすることに。
アバニ ジギングマックスパワー 2号にショックリーダー ナイロン 50lb.をセレクト。



ジグはタックルハウスのFLOWSLIDE 150g、カラーはSHGゴールドピンク。
久しぶりのジギング、うまくできるのでしょうか…



6色目で着底。
やや早いピッチでしゃくり上げます。
3色巻いた時にグンッ!とロッドが曲がり、ヒット!
一投目から掛かっちゃいました。



ロッドはライトライン用のヴィオレンテ VLJ-S64-Lv2を使用していたので、2㎏ほどのサンパクでもバットから曲がり、引き心地を楽しむには申し分ありません。
オーシャンワークス ツインアシスト Vカット ウルトラポイントが硬い上顎をしっかり貫通していて、ゼロフリクションの「驚異の刺さり」を実感。
また、ロングシャンクでホールド力が抜群に良く、フックアウトはほとんどありませんでした。

他のアングラーのアタリが遠のいても釣れ続けていたのは、フックにアシストリーダーを巻き付けるスレッドがアミエビを意識したシャイニーピンク、シラスをイメージしたフラッシュシルバーで、これが魚を惹き寄せたのではないでしょうか。他にはない、ちょっとした遊び心で採用した仕様が、実釣で成果を出してくました。



その後も魚は釣れ続け、撮影は無事終了。
同船していたアングラーも釣りまくり、船中100尾オーバーの大漁となりました。
僕も撮影の合間の釣りでしたが、5尾のキャッチで大満足。
楽しくお仕事をさせていただきました。



今回はオーシャンワークスアシストフックのゼロフリクションコートの刺さりの良さを体感。
あまり負荷が掛からずとも「スっ!」と刺さり込む印象で、本当に皆さんにお勧めしたい製品です。
外房ジギングではマストアイテム!
もちろん、どこでもマストアイテム!
青物ジギングには必ず持って行ってください。

最後に、大変お世話になりました、いすみ市大原港の松鶴丸 中村さん、誠にありがとうございました。

ページトップ