ソルトルアー フィールドレポート

ベイト付きのシーバスを攻略!

バリバスフィールドモニターの梅田洋樹です。
山口県では16日に春一番が吹き昼間は15℃を超えて非常に過ごしやすい暖かさでした。そんな中、河口・湾内を明るい内にチェックしにいくとそこそこのベイトが確認できました。外気温が暖かくシャローの水温が上がっているのかチヌやシーバスの姿もシャローで確認することができました。このタイミングではタックルを持っていなかったのでまたナイトで釣行することにしました。夜になれば湾内では常夜灯の明かりが点きベイトが沖に出なければその常夜灯の周りに溜まる傾向にあるポイントです。ベイトを意識しているシーバスは非常に釣りやすくなります。

そして、ナイトゲームスタート。河口には先行者の方がいらっしゃったため、邪魔にならないポジションで釣りを開始しましたが、潮がまだ低いタイミングだったので早々に見切り湾内のポイントへ移動。予想通りベイトが常夜灯の周りに溜まっていました。しかし、ベイトのサイズが5cm程度なのでシーバス用ミノーでは全く反応なし。そこでメバルで使用する小型のミノーをキャスト。すると1投目でヒット!

シーバスとは言えないセイゴサイズですが狙いが的中した嬉しい1匹。
9.3fあるシーバスロッドですのでメバル用小型ミノーは少しキャストしにくいです。しかしそのストレスを解消してくれたのが今回使用したライン、アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 0.8号です。シルキーな表面特殊加工が滑らかなライン放出を可能にし、ハードコーティングでガイドがらみ、ライントラブルが非常に少ないので軽量ルアーもストレスなくキャストすることが可能です。0.8号でMAX16.7lb.ともちろん30gあるような重量ルアーも安心して使用可能です。また、ハイライトグリーンというラインカラーのおかげでナイトゲームでも視認性が良く、扱いやすいラインです。

風が少し強く吹くようになってきて少しやりにくくなってきましたがベイトを追いかけるシーバスがたまに連発でボイルをします。ボイルがないときもシーバスはウロウロとしていますがルアーを通しても反応は薄い。ルアーを通し続けるとルアーを見切られる可能性があるのでボイルが発生するまで構えて待つことに。ボイルが発生するとそのボイルを狙い撃ち!!

見事にまたキャッチすることができました。
同じ要領で更に追加。

同行者も同じ様な釣り方で数本のシーバスをキャッチしましたが数頭のスナメリが回遊してきて全く反応がなくなってしまいました。今回の釣行ではサイズは全てセイゴサイズど70cm・80cmサイズのシーバスをキャッチすることはできませんでしたが狙い通りの釣りをして魚をキャッチすることができ満足できる釣行になりました。

河口ではもうすぐ落ちアユがベイトになりランカーサイズのシーバスが入ってくるので次回はランカーサイズのシーバスを狙って釣行してみようと思います。

[使用タックル]
ロッド: 9.3fシーバスロッド
リール: 2500番レバーブレーキリール
ライン: アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 0.8号
リーダー:シーバス ショックリーダー[フロロカーボン]12lb.

ページトップ