ソルトルアー フィールドレポート

仙台 厳冬期のロックフィッシュ

フィールドモニターの遠藤真樹です。仙台から厳冬期のロックフィッシュ実釣レポートをお送りします。
東北・宮城は1月から2月にかけ、海のルアーシーンは閑散となります。ターゲット魚種が減るのもそうですが、毎日のように西からの強い風と、海が時化る日が多く、船を出せる日が少ないためです。しかしながら、近年は着実に宮城の冬のロックフィッシュと言えば黒ソイ!が定着してきています。数年前から、ポイントの開拓や、黒ソイの行動パターン、アプローチ方法を探り、出船ができれば、個体を確認できる確率がかなり高まっています。



この時期の海水温は10℃前後まで落ち込みます。ここまで水温が下がるとアイナメの活性が低下し、ほぼルアーなどに反応しなくなります。そのような水温でも黒ソイの活性は、ベイトの動きによりスイッチが入り、捕食モードになります。その行動パターンに我々ルアーアングラーがアプローチするという釣りです。狙う水深は15m超。ときには20m前後のポイントも攻めます。



塩釜湾でのアイナメをターゲットとする際は、シャロー5m~8m位がメインの水深ですので、黒ソイを狙う際はかなりディープになります。ルアーは基本となるホッグ系ワームのテキサスリグ、シャッド系ワームのジグヘッドリグの他、カーリーテールワームでのアプローチもあります。シンカーウエイトは21gから30g位まで。ときには18gのジグヘッドを使用することもあります。



黒ソイは基本的に落ちてくるものに敏感に反応する傾向が高いです。他のフィッシュイーターも落ちてくるものへの反応は良いですが、黒ソイは特にフォーリング中のルアーへのアタックが多い魚種です。魚探で地形の変化を探り、ときには魚礁を探し、ベイトの反応が良いポイントへアプローチします。ルアーをフリーフォールさせ着底を待ちますが、先ほど説明した通り、フォール中のバイトに神経を集中させます。着底の直前や、ボトムから1m~2m位の範囲でバイトが集中しますので、フォール中もカウントしながらルアーの通過している水深をイメージすることも大切なポイントとなります。そこでバイトがなければ、ボトムをしっかりと取りながら、垂直のリフト&フォールを繰り返します。潮の流れにゆらゆらと流されるベイト(小魚)を演出してみたり、ホッグ系ワームで底を移動するベイト(エビやカニの甲殻類)を演出してみたりと、その日の反応、その日の捕食対象ベイトをいち早く見つけます。同船者に反応が出たり、釣れたりした際に、どのアクション、どのワームだったのかも確認し、その状況にいち早くアジャストします。

この日は、凪は良かったのですが、潮の流れが緩いためか、ベイトの反応が魚探で良く確認できても、黒ソイ自体の反応がいまいち。このような状況だと、過去の経験から、底にべったりと張り付いている可能性を考慮し、ホッグ系ワームでボトムをしっかりと取りながら、丁寧に攻めてみると、ワームに触れたかというショートバイトがありました。これはチャンスで、黒ソイは一度のアタックで終わりません。二度三度とアタックしてきますので、そのまま丁寧に攻めていると、明確なバイトがあり、フッキングに持ち込むことができました。釣り上げた瞬間に黒ソイが吐き出したエサが甲殻類だったので、ワームもアクションもアジャストでき、この日のアプローチを確信できました。



アプローチパターンが分かれば、あとは同船者みんなで徹底して攻めるだけ。黒ソイは40cmを超えるとフッキング後は強烈な引きが味わえる非常に刺激的な魚です。これを一度味わうと、極寒でも、冷たい風が吹いても出船したくなるものです。せっかくの釣行ですので、同船者みんなが釣果が出るように情報を共有するというのも大切だと思います。

また、船長の計らいでお昼にカップラーメンを頂きました。海の上、釣りをしながら食べるカップラーメンは最高です。極寒のなか出船した釣り人でなければ味わえないものです。



機会があれば、水深、潮の流れの強弱、黒ソイの捕食意欲、ルアーへの反応の高低などによるアプローチの方法や、リグ、ウェイトの選択などを解説したいと思います。




暦は立春を迎えましたが、海はまだまだ厳冬期。厳冬期にしか味わえない釣りもあります。防寒対策をしっかりし、信頼できるタックルをセットし、皆さんも実釣に出向いてはいかがでしょうか。


[使用タックル]
バリバス ロックフィッシュ プレミアム
ノガレス フッキングマスター ロックフィッシュ
・バリバス タックルバック
PEにシュッ![プロ仕様]

ページトップ