ソルトルアー フィールドレポート

エギング秋シーズン開幕! -カラーローテーションで好釣果♪-

伊豆半島にエギングに行ってきました。最近グルーパーゲームの最中にアオリイカのスクールを見かけていたので、それを狙っての釣行となりました。

私のスタイルでは秋のシーズンでも、タックルを春シーズンから特別変えることはなく、8'4''のミディアムアクションのロッドに3.5号のエギという組み合わせが年間を通じて一つの定番としてあります。使い慣れたタックルを使用するメリットとして、シャクリやフォールの感覚が変わらず、ゲームに集中できます。
PEラインはイカのアベレージサイズに合わせて、秋は飛距離重視の0.6号、春は強度重視の0.8号で、視認性と強度に優れたアバニ エギングPE マックスパワーを使用しています。
エギのサイズに関しては、港内等のハイプレッシャーエリアでは2.5号や3号の小型のエギも効果的なケースも有りますが、ロングキャスト性と少しでもアベレージサイズを上げたいので、私は3.5号を秋シーズンでもメインにしています。

アオリイカはその時捕食しているベイトや活性によってカラーの好みがコロコロ変わるので、ヒットカラーを探す作業が重要になります。この日はダートマックス3.5号を最初にキャスト。まずはゴールドベースのアピールカラーで攻めていきます。すぐに反応が有りアオリイカをキャッチできたものの、200g台の小型でした。リリースして再度キャストを繰り返しますが、後が続きません。カラーをお気に入りのシルバーマーブルに替えてみますが、こちらも不発でした。
ここまでゴールド系、シルバー系と試してイマイチだったので、小魚よりも甲殻類をベイトとしているかもと考え、赤テープのエギにチェンジ。ボトム付近で鋭くダートアクションを加えると、ラインがきれいに走るアタリがでてキャッチに成功。エギをガッチリ抱いていたので、カラー、アクションが正解と確信しました。



パターンが分かったのでそのまま攻め続けると、この季節としてはまあまあサイズの500g台も混ざり連発!! 小気味良い引きを堪能できました。




翌日は違うポイントに入り、ハタ狙いに切り替えるとこちらも好調。グラブの14gテキサスリグへの反応が良く、色鮮やかなアカハタをキャッチ成功しました。



グルーパーゲームはシーズン後半に突入、エギングはシーズン開幕とターゲットも増えて何を狙うか悩む季節になってきました。準備万端での釣行をおすすめします。


[エギングタックル]
ロッド: 8'4'' エギングロッド
リール: イグジスト 2508 + RMRシングルハンドル 50ミリ
ライン: アバニ エギングPE マックスパワー 0.6号
リーダー:アバニ エギング プレミアム ショックリーダー 12lb
ルアー: ダートマックス 3.5号

[グルーパータックル]
ロッド: 8'8'' フラットフィッシュ用ロッド
リール: スピニング 3000番
ライン: アバニ ショアキャスター マックスパワーPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー フロロ 16lb
ルアー: キジハタグラブ 4インチ

ページトップ