ソルトルアー フィールドレポート

レンタルボートでのロックフィッシュゲーム -ライトラインを駆使して秋のゲームを満喫!-

三重県の尾鷲湾に遊びに行ってきました。この地域ではレンタルボートの釣りも盛んに行われており、今回は私たちもレンタルボートをチャーターしての釣りとなりました。

朝7時前にマリーナを出発。天気は快晴ながらも風のある一日でした。尾鷲湾は複雑に入り組んだ地形のため、常にどこかに風裏となるスポットがあるので、そこをランガンしていくプランにしました。

まずはグルーパー狙いでゲームをスタート。ジグヘッド30gにバルトをセットし、更にブレードスピンをプラスした、先発の定番ともいえるリグをキャストしてきます。
10投程繰り返し、ショートバイトは得られたものの、ヒットに結び付きません。思ったよりも潮の効きが良く、流れによってリグが浮き過ぎてしまっている感じがしたので、ブレートスピンを外し、ジグヘッドも40gにしてボトム付近をよりスピーディーに探れるセッティングに変更しました。

すると、それまでよりもバイトが明らかに増えて、すぐにアカハタをキャッチ。

ボトムからハンドル15回転巻き上げてからのカーブフォールを繰り返すパターンでオオモンハタも混じるラッシュとなりました。

ハタ類の中でも、特にオオモンハタは小魚をメインベイトとしているケースが多く、横方向の動きに反応が良いので、シャッド系ワームのジグヘッドリグは必須といえるでしょう。スイミングの際はラインの水切れが重要なため、細目のラインが有利となります。今回はアバニ ショアキャスター マックスパワーPE 0.8号にシーバスショックリーダーフロロ 16lbをセットして使用しました。

ポイントをランガンし、しばらくバイトラッシュを楽しめましたが、潮の流れが弱まってくると、少し反応が落ちてきました。そこで早めの昼食をとり、先日まで好調の情報があったティップランエギングを試してみることにしました。ダートマックスTR 30gで15mラインを探っていきますが、反応なし…(汗)

後から聞いた話では、この日はたまたま難しい日にあたってしまったようで、アオリイカ専門に狙うボートでも苦戦となっていたそうです。反応がなかったので、今度は20mラインをダートマックスTR 40gで探っていきます。ポーズ中に何回か反応があったので、あまり派手過ぎないアクションがイカに好まれていると感じ、弱めに数回シャクリを入れラインテンションを張り気味にしてカーブフォールさせるとようやく「グンっ!!」とキレイに乗ってきてくれて、アオリイカをキャッチできました。

ティップランエギングでもラインの細さは大きなアドバンテージになります。アバニ エギング マックスパワーPEの0.6号が視認性も高くオススメです。

そうこうしている間に再び潮が流れ始めたので、ロックフィッシュゲームを再開。再開して間もなく、潮目にキャストしたバルトが着水と同時にひったくられるバイトがあり、強烈なファイトの末にシイラが姿を現しました。

シイラ以外にも散発でボイルが見られたので、青物が回遊していると思いメタルジグ14gをボートの真下に落としてシャクリを入れると今度はカンパチがヒット! 群れに運よく当たったようで、ジグをボトムまで落としてからの高速リトリーブに時々シャクリを混ぜるアクションで、ワンキャストワンヒットがしばらく続きました。

日が傾き、帰着の時間が迫る中、グルーパー類も活性が上がってきて再びのラッシュが訪れて、最後まで楽しめました。

結果として秋らしい五目釣りとなり、大変満足のできる釣行となりました。皆さんもワーム、ジグ、エギと準備万端で秋のシーズンを楽しんでください。

[タックル1]
ロッド: 7’10” エギングロッド
リール: ステラ C3000XG+RMRカーボンハンドル 61ミリ
ライン: アバニ ショアキャスター マックスパワーPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー フロロ 16lb
ルアー: スイミングテンヤ40g+バルト4インチ

[タックル2]
ロッド: 8’4” エギングロッド
リール: イグジスト 2500+RMRカーボンハンドル 55ミリ
ライン: アバニ エギング マックスパワーPE 0.6号
リーダー:アバニ エギング プレミアム ショックリーダー 12lb
エギ:  ダートマックスTR 40g

[タックル3]
ロッド: 7’6” ロックフィッシュロッド
リール: レボエリートロケット9 ZPIフルチューン
ライン: アバニ キャスティング マックスパワーPE 2号
リーダー:シーバスショックリーダー フロロ 22lb
ルアー: テキサスリグ 28g、バルト3.5インチ(青銀)

ページトップ