ソルトルアー フィールドレポート

スイミングとボトムパターンを使い分けて、良型ハタ類連発!!

伊豆の地磯にショアロックゲームに行ってきました。
まず最初にキャストしたのはジグヘッド20gにバルト4inchをセットし、さらにブレードをプラスしたジグヘッドリグ。私のショアロックゲームでは、このリグのスイミングパターンでスタートするのがセオリーで、それには理由があります。

一つめの理由は、ハタ類のゲームで最も爆発力のあるスイミングパターンが成立するかを探るためです。イワシなどのベイトとハタ類がリンクしている時はスイミングパターンで爆釣するチャンスなので、まず最初にこのパターンが効くのかどうかを把握するとゲームを組み立てやすくなります。

二つめの理由は、このリグが広いエリアを素早く探れることです。ロングキャスト後、ボトムを取り、巻き上げてくる方法でサーチベイトとして使用し、ヒットレンジを探ることができます。キャストエリアに高活性な個体がいた場合には、このリグならではの強烈なアピール力で数キャスト以内に反応があります。

アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 1号をメインラインとするスピニングタックルでゲームをスタートすると、一投目で小型のアカハタがヒット。キャスト方向を変えての二投目、いきなりのクライマックスが待っていました。リグが着底後、ハンドルを10回転ほど巻き上げてから、リトリーブをストップ。海中にうっすらと見える大岩をかすめる様にリグをカーブフォールさせていると、「ドスッ!!」という重いバイト。すかさずフッキングするとかなりの重量感と、大きな首振りがロッドに伝わってきました。根に入られないようにやや強引に浮かせたあとは、慎重にファイト。ランディングしたのはオオモンハタの47cmで、ショアからではかなり嬉しいサイズでした。


嬉しいオープニングヒットに気を良くしてキャストを続けますが、あとが続きません…。少しアピールを変えてみようと、前回の釣行で絶好調だったジグヘッド14gにキジハタグラブをセットしたリグでスイミングを試してみますが、こちらも不発。これまで釣れた2匹のバイトがどちらもボトム付近で、ベイトとなる小魚の姿も見えないことから、スイミングパターンはこの日はストロングでないと考え、ボトムパターンに切り替えることにしました。

キジハタグラブのテキサスリグで少し粘ると、アカハタをキャッチ。フックを外す際に口の中を見ると、青みのかかったエビを吐き出していました。「これがメインベイトか?」と思い、フッキングマスター リングオフセットグレネードシンカーを装着したスルーリグにバグアンツをセット。ベイトタックルに持ち替えて、根回りをタイトに攻めるとこれが正解! 格段にバイトが増えて、次々と良型のアカハタをキャッチすることに成功しました。


強めのベイトロッドと強靭な太めのラインの組み合わせは、ラインの張りにより岩や貝にラインが掛かりにくく、タイトな攻めが可能です。フッキング後は一気に魚を根から引き剥がしてランディングに持ち込めるので、甲殻類がメインベイトのボトムパターンでは必須のタックルと言えます。今回ベイトタックルにはアバニ キャスティングPE マックスパワーの2号、シーバス ショックリーダー[フロロカーボン]の30lb.を組み合わせました。

やがて潮位が低くなると、手前の根回りでの反応がなくなりました。飛距離を出すために、キジハタグラブとキジハタホッグのテキサスリグ、スルーリグにチェンジし、沖のブレイクラインで数匹のアカハタをキャッチして、この日のゲームを終了しました。

ラインは前日にPEにシュッ![プロ仕様]でコートしていたので、終日スムーズなラインさばきで快適なゲームが楽しめました。
いよいよベストシーズンを迎えるロックゲーム。是非皆さんも楽しんでみてください。

[使用タックル]
■スピニングタックル
ロッド: 8’9” エギングロッド
リール: ステラ C3000XG + RMR カーボンハンドル 50mm
ライン: アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 1号
リーダー:シーバス ショックリーダー[フロロカーボン]16lb.・22lb.
ルアー: スイミングテンヤ 20g、イワシヘッド 14g
     バルト、キジハタグラブ、キジハタホッグ

■ベイトタックル
ロッド: 7’6” ロックフィッシュロッド
リール: アンタレス HG + パワーゲーム タイプL
ライン: アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号
リーダー:シーバス ショックリーダー[フロロカーボン]30lb.
フック: フッキングマスター リングオフセット #1/0
シンカー:Nogales グレネードシンカー 14g・21g
ルアー: バグアンツ

ページトップ