ソルトルアー フィールドレポート

ベイトフィッシュにリンクしたスイミングパターンでアカハタ爆釣!

伊豆の地磯へロックゲームに行ってきました。

ポイントに到着すると、水面ではイワシが跳ね、沖では何かのボイルが起こるなど、かなりの生命感に期待が高まります。まずはジグヘッド20gにバルト4inchをセット、さらに、アピールのためにブレードスピンをプラスしてキャスト。着底後ハンドル7~8回転リトリーブしてストップ、着底までカーブフォールのパターンで広くサーチしていきます。かけ上がりまでルアーが差し掛かり、カーブフォールをさせると何と一投目からヒット! 上がってきたのはまずまずサイズのオオモンハタでした。



同じパターンで攻めると数匹アカハタが釣れて、ソウダガツオも混ざりました。フィッシュイーター達はイワシに狙いをつけているようで、スイミングパターンが成立する状況とわかりました。



一段落したところでリグをチェンジ。ジグヘッド14gに色々なワームをセットして試していきます。どうやらアピールを落とし過ぎるのは良くないようです。沖目でのバイトが多い状況だったので、ワームをキジハタグラブ4.5inchに替えてみるとすぐにヒット! 4inchも試してみるとこちらも好反応で、次々とアカハタがヒットしてきます。この日は少し水が濁っており、白~銀系のカラーが有効でバイトが集中しました。



ショアゲームでは飛距離がとても重要になります。飛距離を出すための方法はいくつかあり、空気抵抗の少ないルアーを選ぶことも重要ですが、さまざまな抵抗をラインによって極力減らしてあげるのもとても有効です。

スピニングタックルのラインは、アバニ シーバスPE マックスパワーの1号。ベイトタックルではアバニ キャスティングPE マックスパワーの2号をチョイス。8本撚りのためライン表面が滑らかで、飛距離は抜群です。どちらのラインもさらに飛距離を出すため、PEにシュッ![プロ仕様]でコーティングして使用しました。コーティングの持ちも良く、ガイドへの摩擦も大幅に低減されるのでリトリーブ中の感度も上がり、快適なゲームを楽しむことができました。



潮止まりになると、スイミングへの反応が落ちたのでリグを変更しました。フッキングマスター リングオフセットグレネードシンカーをセットしたスルーリグで根回りをダイレクトに攻めて数匹の追加に成功。この日の釣行を終えました。



ジグヘッドリグによるスイミングパターンは、ベイトフィッシュが絡めば爆発力のあるパターンなので、是非試してみてください。


[使用タックル]
■スピニングタックル
ロッド: 8'9'' エギングロッド
リール: イグジスト 3000 + RMRカーボンハンドル 50mm
ライン: アバニ シーバスPE マックスパワー 1号
リーダー:シーバス ショックリーダー[フロロカーボン]16lb.・22lb.
ルアー: スイミングテンヤ 20g、イワシヘッド 11g・14g
     バルト、キジハタグラブ、パワーシャッド

■ベイトタックル
ロッド: 7'6'' ロックフィッシュロッド
リール: アンタレス HG + パワーゲーム タイプL
ライン: アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号
リーダー:シーバス ショックリーダー[フロロカーボン]30lb.
フック: フッキングマスター リングオフセット #1/0
シンカー:Nogales グレネードシンカー 14g・21g
ルアー: キジハタグラブ

ページトップ