ソルトルアー フィールドレポート

プロトエステルラインでアジングゲーム!!

この日釣行したのは、堤防の先端に常夜灯のあるポイント。教科書通りの一級ポイントですが、その分アングラーの人気も高く、入れ替わり立ち替わりで叩かれているのでプレッシャーは高めです。

この日はプロトのエステルライン0.25号を試してみることに。今までのラインナップで0.2号と0.3号どちらをチョイスするか悩む場面があったので、その間を埋めてくれるアイテムとして期待しています。

ポイントに到着し、さっそく釣りをスタート。まず1.5gのジグヘッドに2インチのクリア系ワームをセットして、カウントダウンで表層からボトムまで探っていくと、中層でショートバイトが出始めました。ルアーが魚に見切られている感じがしたので、リアクションバイト狙いに切り替え、ワームを激しくダートさせてからフォールさせるマイクロワインドパターンを試してみました。するとすぐに明確なバイトがあり、20センチを超えるまずまずサイズをキャッチ。



パターンが分かったので、次はヒットカラーを探していきます。カラーローテを繰り返すと、クリアベースのUV系カラーとグロー系カラーにバイトが多いことが分かり、ワンキャストワンヒットの状態にハメることができました。



この日はMAX25センチ弱と大型こそ出ませんでしたが、魚体が太目の体高のある魚が多く、小気味良いファイトを存分に楽しめました。



プロトエステルライン0.25号もイメージ通りの活躍を見せてくれて満足の釣行となりました。
「0.3号では潮流や風が気になるが、0.2号ではファイトが心配…」そんなシチュエーションでは手放せないラインになりそうです。もう少しテストを続けてみます。


[タックルデータ]
ロッド: 6'7'' アジングロッド
リール: イグジスト 1003 + ファンネル 47.5m/m
ライン: プロトエステル 0.25号
リーダー:アジングマスター ショックリーダー[フロロカーボン]0.6号
ジグヘッド:アジチョンヘッド 1.2g・1.5g
ワーム: アジマスト 2インチ

ページトップ