ソルトルアー フィールドレポート

チヌ釣れてます! リグを使い分けて快適ゲーム

チヌゲームの好調が続く静岡県の港へ行ってきました。

チヌのボトムゲームといえば、フッキングが良く、ダートアクションも付け易いジグヘッドを用いたリグが多く使われます。私も比較的ストラクチャーの少ないポイントではジグヘッドリグを使いますが、カキ殻等が多くて根掛かりの危険性が高いポイントではテキサスリグも使っています。オフセットフックを用いたテキサスリグはフックが露出していないため根掛かりしにくく、タイトにポイントを攻めることができます。アングラーが多くてプレッシャーが掛かっているような状況でも釣り残しの魚にアプローチできるので、ジグヘッドリグと使い分けるとゲームの幅が広がるでしょう。



テキサスリグのフックはフッキングマスター パワーベイトフィネス #2を使用しています。
小型ワームとの相性も良く、チヌやロックフィッシュとのファイトにも耐えてくれる強さを持つオススメフックです。



ロッドはヴィオレンテライトゲームモデルVLL-81-PT。
8.1フィートの長さでロングキャストがし易く、障害物も回避し易いので、こちらもオススメです。




ライトタックルでのチヌとのファイトはとてもスリリング!
皆さんもリグを使い分けて楽しんでみて下さい。


[タックルデータ]
ロッド:ヴィオレンテ ライトゲームモデル VLL-81-PT
リール:ステラ C2000S + ファンネル 47.5ミリ
ライン:アバニ エギングPE マックスパワー 0.6号
リーダー:アバニ エギング プレミアム ショックリーダー VSPフロロカーボン 10LB.
フック:ノガレス フッキングマスター パワーベイトフィネス #2

ページトップ