ニュース   大会やイベント情報など、様々な新着情報をお伝えします。

大会

平成23年度第24回県民総合体育大会
レクリエーション部門種目・釣り大会

入間川家族釣りの祭典 2011
カエシの無いバーブレスフックはスポーツの証

参加費は300円、子供は100円! このチャンスに釣り大会に出て
賞状や賞品をゲットしよう!飛び賞も多数あるよ

開催日:2011年9月18日(日)
午前7時30分から午前13時30分(午前7時受付開始)

内  容:釣り大会、初めての釣り教室、外来魚を美味しく食べる

目  的:ルールやマナーの啓蒙、スポーツとしての釣りの振興
主  催:埼玉県、埼玉県教育委員会、埼玉県レクリエーション協会
財団法人日本釣振興会埼玉県支部

共  催:NPO法人バーブレスフック普及協会

後  援:入間漁業協同組合

開催場所:埼玉県入間市・入間川豊水橋 右岸河川敷

募集人数:100名(申込み先着順、EmailまたはFaxでのみ受付)

応募資格:小学生以上の釣り愛好者 (小学生以下は保護者同伴のこと)

競技方法:指定した魚種別に1尾の全長を競う。
詳しくは下記ホームページ参照のこと

参加費 :大人300円、中学生以下100円、保険料込み
※高校生以上は別途遊漁料金400円
(リール釣り700円)が必要です

申 込 み:
NPO法人バーブレスフック普及協会ホームページ の大会規定・競技規則をご参照の上、Emailでお申込下さい。Faxの場合は申し込み用紙(ホームページよりダウンロードにて入手できます)にてお申込下さい。
NPO法人バーブレスフック普及協会ホームページ

http://npo-barblesshook.com/

 

参加申し込み規定

<募集定員>
100名とする。 先着順で受け付けを終了。

<参加資格>
小学生以上の釣り愛好者。ただし小学生は保護者同伴のこと

<申し込み>
規定の申し込みフォームに必要事項を記入しNPO法人バーブレスフック普及協会事務局までEメールまたはファックスを送付すること。ただし携帯メールの場合は住所、氏名、年齢(小、中学生の場合は学年)、電話番号とリールの使用の有無を明記すれば受付可。
申し込み先 Eメールの場合:office@npo-barblesshook.com
Faxの場合:04-2962-3648

 

<参加費>
(子供100円、大人300円)を当日の受付時間内に支うこと。
ただし大人(高校生以上)は入間漁業協同組合の遊漁料金(一日券400円、リールを使う釣り700円)が別途必要。当日受付で購入可。

競技規定

<競技時間>
7時30分から11時30分。7時30分の競技委員の合図後に釣りを開始すること。開始時間前の試し釣りや試投を禁止する。

<競技部門・対象魚>
アユを除く入間川に生息する魚を対象魚とする。
ただしコイの部、外来魚種の部、在来魚種の3部門を設けそれぞれ表彰する。コイの部はコイのみ。外来魚種の部はバス類など外国を原産とする魚とする。在来魚種は上記2部門以外の国内原産の魚全般。

<競技方法>
大会本部テントにて受付し検量札を受け取る。各自受付完了後、指定競技区間内に移動し競技を行う。競技は魚種一尾の全長で競う。同寸の場合は検量時間の早い者を上位とする。競技者一人が申告できる魚は3尾までとする。
※魚はなるべく活かして釣った本人が検量所に持参ください。ただしスモールマウスバスはビニール袋に水を入れずにお持ちください。バスは食材として無駄なく活用いたします。

<競技区間>
競技区間は入間川の笹井堰下流に設置された赤旗(目印)から霞川合流点上流の赤旗までの右岸、および霞川万年橋下流の赤旗から入間川合流点堰堤の赤旗までの左岸とする。ポイントの選択、移動は自由。ただし霞川ではリールを使った釣りはできない。当日受付で必ず競技区間図を確認すること。競技区間はいずれの河川も入間市側からの釣りとなる。

<釣り用具>
使用できる釣り竿は一人一本とする。トリプル、ダブルフックは使用不可。釣りバリはカエシの無いシングルバーブレスフックを使用すること。カエシをペンチで潰せば可。また同時に使用できるハリは2本までとする。

<釣  法>
エサ釣り、疑似餌釣り(ルアー、フライ、てんから)可。ただし競技者はリールを使った釣りか否かを事前に申告すること。その他は入間漁業協同組合の遊漁規則に準ずる。ただし水面に立ち込んでの釣りは禁止とする。

<持 ち 物>
釣り具一式(使用竿一人1本、予備竿はOK)つりえさ、ビク、魚移送用の丈夫なビニール袋またはバケツ、ゴミ袋、雨具、弁当、水筒、手ぬぐい等、帽子の着用を推奨する。

<検  量>
魚が釣れた場合はビク等で魚を活かしておき、午前10時30分から11時30分の間に検量所になるべく活かしたまま持ち込み釣果申告すること。検量所は大会本部と霞川合流点付近の二か所に設置する。釣果があっても、検量札と魚を時間内に申告していない場合は無効となる。また、コイは釣り上げた地点よりも下流側の検量所に持ち込むこと。

<失  格>
飲酒をしての大会参加、競技中は禁酒、禁煙。ゴミのポイ捨て。
競技役員の指示に従わない場合。本競技規則に明らかに違反している場合は競技失格とする。

<表  彰>
コイの部、在来魚種の部、外来魚種の部の3部門を設ける。各部門の1位から3位の一般、子供に区分して表彰する。特別賞、飛び賞多数。

<その他>
指定された魚種一尾の全長を競う。同寸の場合は釣果時間の早い者を上位とする。

 

大会実行委員長 NPO法人バーブレスフック普及協会
代表理事 鳥井浩子

ページトップ