ニュース   大会やイベント情報など、様々な新着情報をお伝えします。

大会

VARIVASカップ争奪 第6回バーブレスサバイバルトーナメント フライ選手権 大会レポート
text:吉田 俊彦
 

 
3月12日(日)、埼玉県川越市の川越水上公園にて「VARIVASカップ争奪 第6回バーブレスサバイバルトーナメント フライ選手権大会」が開催されました。バーブレスフックを使用した3尾勝ち抜け方式のこのトーナメントも今年で6回目になります。
 
天気は晴れ時々曇りで南西の微風、水温は8℃と例年以上の好条件がそろった大会になりました。今回は23名の選手が集まり、朝6時から恒例のピンポン玉抽選によりA組12名とB組11名の予選釣り座が決定しました。大会ルールに関しては参加選手の皆様からのご意見を反映し小変更が加えられました。具体的には試合中に予備ロッド1セットを釣り座の中に持ち込むことができるようになりました。また小学生から参加が可能になり中学生以下のジュニア部門が新設され表彰の対象になります。午前7時、タイムスケジュール通り予選A組の競技が開始されました。

 
 
予選A組で吉田稔さんが、なんと1分04秒を記録!
7時からの予選A組でいきなりとんでもない記録がでます。それは入間市の吉田稔さんがたたき出した1分4秒です。吉田さんは一昨年準優勝の実力者ですがそれにしても速い! 3尾で1分4秒ですから1尾あたり釣り上げてリリースするのに20秒少々という離れ業でした。それでいて大き目のリリースネットで確実に丁寧に魚を扱いながらも速攻でリリースするその手際の良さには目を見張るものがあります。B組トップ通過は渡辺丈夫さんの1分55秒とこれも素晴らしい記録。各組から上位6名に入り準決勝へと進出するためにはいずれも4分代という高速バトル。
 

 
昨年はトラウトが低活性での20分間の予選の時間内に3尾を釣り上げた選手が二人だった釣況とは今年はまるで違う展開となりました。紅一点、野中夕子さんは見事予選B組を突破し準決勝へ。ご子息の恵喜くんは決勝まで進み総合4位、ジュニアの部優勝と親子で大健闘でした!
 

 
 
敗者復活戦は勝ち抜け6人に
敗者復活戦は今年も10分間。昨年はこの敗者復活戦から優勝者が出ていますから審判も選手も気がぬけません。トラウトの活性も高かったので今年は例年の4名から6名にと2名勝ち抜け人数を増やしました。予選突破が叶わなかった11名によって6名の復活を掛けて行われました。一位通過は春山さんの4分30秒、5位の田中さんまでが3尾を釣り上げ、2尾を7分18秒で釣り上げた山本實さんまでが6位で敗者復活となりました。
 

 
 
波乱の準決勝、今年も番狂わせが
準決勝は予選通過者12名と敗者復活6名の計18名を9名ずつAとBの2組みで行いました。「一番怖いのが準決勝」と歴代の入賞者が口をそろえて言います。各組たった3名ずつしか決勝に進めないので緊張感が高まります。準決勝からの釣り座は抽選ではなく成績順に好きな釣り座を選ぶ方式です。準決勝は各組上位3名ずつ6名が決勝進出となる狭き門なのでどこの釣り座を選ぶかによってその結果が大きく変わる可能性があります。成績は尾数とタイムにより決まり、その成績は7位~18位までの総合順位に反映されます。
 

 
さて、準決勝A組をまず勝ち抜けたのは昨年の覇者瀬田さん。なんと瀬田さんと同タイム2分17秒で中学2年生の野中くん。そして3分12秒で春山さんの3名が決勝進出となりました。予選で驚異的なタイムをたたき出した吉田稔さんは、まさかの準決勝敗退となってしまいました。
 

 
そして準決勝B組は1分20秒の快速で一昨年の覇者吉田文也さんが一抜け、つづいて渡辺さんが1分43秒で続き3分8秒で吉越さんがみごとファイナリストに名乗りを上げました。

 
 
決勝
ファイナリスト6名による決勝は釣り座が2コマ分に広がります。恒例の成績順の釣り座決めをしました。まず開始24秒で最初の1尾を釣り上げたのは。誰も選ばなかった端っこ1番の釣り座の春山さん。それに文也さん瀬田さんと続きます。しかし春山さんは1分54秒で2尾目を釣り上げて優勝に大手。追い上げる側と逃げ切る側のデッドヒート。
 

 
文也さんと瀬田さんの追撃を振り切り開始3分13秒で3尾目をランディングし優勝が決定。3分40秒で吉田文也さんが準優勝、瀬田さんは4分ジャストで3尾目を釣り上げ3位入賞です。毎年違ったコンディションのなかでの表彰台は本当に価値があります。おめでとうございます! また、大人に混じって見事な活躍をみせてくれたのが野中恵喜選手。5分04秒で見事4位です。文句なしのジュニアの部優勝でした。おめでとう! 彼は未だ中学2年生です。今後の活躍がとても楽しみですね。つづいて5分16秒で渡辺丈夫さんが3尾を釣り上げた時点で順位が確定し競技終了となりました。
 
 
決勝戦 リザルト

順位 氏名 タイム 尾数
1 春山 淳 3分13秒 3
2 吉田 文也 3分40秒 3
3 瀬田 光晴 4分00秒 3
4 野中 恵喜 5分04秒 3
5 渡辺 丈夫 5分16秒 3
6 吉越 則之 - 2

※敬称略。
 

 

 
リザルト(入賞者総合順位)

順位 氏名 お住まい
優勝 春山 淳 埼玉県戸田市
準優勝 吉田 文也 埼玉県入間市
3 瀬田 光晴 埼玉県所沢市
4 野中 恵喜 千葉県流山市
5 渡辺 丈夫 埼玉県飯能市
6 吉越 則之 埼玉県川越市
7 国広 征司 埼玉県志木市
8 山元 實 埼玉県さいたま市
9 山本 勝数 山梨県河口湖市
10 吉田 稔 埼玉県入間市

※敬称略。
※レディース賞は野中夕子さん。
※ジュニアの部 優勝は野中恵喜くん。
大物賞、珍魚賞の該当者はありませんでした。
 
 
 
総評
表彰台中央で栄えあるバリバスカップを掲げたのは初優勝の春山淳さん。おめでとうございます! 敗者復活戦からの優勝は本当にお見事でした。春山さんは準決勝も6位通過だったため、決勝戦のビート(釣り座の位置)もタイム順で最後に残った端の1・2番で戦うしかなく不利に思われました。しかし戦前の予想を覆し昨年の優勝者、準優勝者を従えての表彰台中央は真に価値あるものだと思います。準優勝は第4回大会の覇者吉田文也さん、昨年と同じく準優勝これで三年連続の表彰台です。管釣りルアーも得意な文也さん。その安定感はNo.1と誰もが認めるところです。第3位は瀬田さん。昨年の優勝で今年は連覇が掛かっていました。「チャンスはあった。文也が準決勝より少しペースをおとしたからね。淳は良くがんばった」とはご本人の弁。彼の戦う姿は多くの人に感動と可能性を与えてくれます。実は優勝した春山さんは瀬田さんの弟さん(この方がまた超凄腕!)のお弟子さんという間柄。しばらくは仲間から淳さんへの祝福が止みそうにありませんね。
毎年真剣にこのフライ大会に向き合っていただいた選手の皆様そしてスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。共催いただきました川越水上公園の皆様、毎年タイイングのプレイベントから一緒に運営協力いただいている上州屋新狭山店様に重ねて御礼申し上げます。
(大会実行委員長・吉田俊彦)
 
 

優勝の春山淳さん(埼玉県戸田市)にモーリスの荒井社長より優勝VARIVASカップが贈呈されました。またパックロッド VARIVAS ライトトレイルが進呈されました。
 

副賞のスポニチ賞として若林副代表よりトラウトクロックが贈呈されました。
 

準優勝の吉田文也さん(埼玉県入間市)。本大会では優勝一回、準優勝2回と抜群の実績ですね。カップと賞状の他、VARIVASトレーナーが送られました。
 

3位の瀬田さん(埼玉県所沢市)。彼の笑顔は最高です! カップと賞状、副賞としてVARIVASフライラインが贈呈されました。
 

ジュニアの部優勝は野中恵喜さん中学2年生(千葉県流山市)。総合でも4位と大健闘しました。若い力が活躍してこそ釣りの世界にも明るい未来があります。魚のハンドリングも素晴らしかったです。賞状のほかLEDランタンなどが贈られました。
 

飛び賞7位は国広征司さん(埼玉県志木市)。ラッキーセブンの賞品は手回し防災ラジオ付きLEDライト。夜釣りやキャンプでも活躍しそうですね。
 

飛び賞10位は吉田稔さん(埼玉県入間市)。賞品は簡単チャコールセット。稔さんは第4回大会準優勝でした。稔さんは文也さんのお父さま。手ぶらでは帰らないのが入間の吉田流です。
 

当日賞の12位は碓井浩二さん(埼玉県ふじみ野市)。午後のフリータイムの釣りでは早速賞品のクーラーデイパックを背負って釣りをたのしんでおられました。
 

野中夕子さん(千葉県流山市)には女性で唯一の選手としての健闘を称えレディース賞のオペラグラスが贈られました。野中さんはジュニアの部優勝の恵喜君のお母さまです。
 

最後の最後にお楽しみじゃんけん大会。気前のよいモーリス田中部長のお蔭で参加者全員に賞品が行き渡りました。田中さんありがとう!(了)

ページトップ