New Products   新製品に関する情報をお伝えします。

Pick Up情報


 
[佐藤偉知郎氏 全面プロデュース]

VARIVAS アバニ キャスティングPE Si-X 好評販売中!


 
孤高の男が求めたのは、究極の『耐摩耗性』と『耐久性』だった。

クロマグロキャスティングゲームの第一人者、佐藤偉知郎氏は日頃からこう語る。
「ラインは釣り人と魚を結ぶ道具の中で一番重要だと言っても過言ではない。クロマグロとの千載一遇の出会い、それを確実にキャッチするためには、より高い性能を備え、信頼に値するものでなければならないと考えます。」
 
アバニ キャスティングPEシリーズを愛用する佐藤氏に、最も理想的なラインは何かと問うと、こんな答えが返ってきた。
「引っ張り強度はもちろん大事だが、それは現状のPEラインではある程度及第点に達している。ラインを使い続けて酷使しても、極力破断強度が下がりづらいものが一番良い。」
さらなる高みを目指して佐藤氏が求めたのは、今までにない『耐摩耗性』と『耐久性』だ。繰り返すキャストや魚とのファイトで生じる摩擦熱、これによってラインの性能や強度が低下していくことが一番の問題だとする佐藤氏。
 
この難題ともいえる要望を受け、様々な試行錯誤を重ねた末に辿り着いた一つの結論が『Si-X エスアイエックス』だ。編み込む前の原糸に特殊コーティングを施し、それから強度重視の編み方で編み込んでいくことで、佐藤氏の求める究極のラインが完成したのだ。
 
試作品を佐藤氏に渡し、テストの結果を受けてまた改良…といった流れを繰り返し完成したSi-X。テストを繰り返す中で、意外な利点も見出された。
「実はトラブルが激減したんです。キャストしたときのガイドへの当たりがスムーズになってガイド抜けが格段に良くなった。これは想像していなかったけど、かなり大きな副産物です。実測したわけではないけど、飛距離も伸びるてんじゃないかな。」
Si-Xが持つ適度な張りやコーティングなどの特徴が複合的に組み合わさることで、ライン性能全体が向上したのだ。さらに、佐藤氏のアイデアによってマーキングカラーを号数別にするなど、細かなところまで拘りが詰まったマグロキャスティングゲーム専用ライン。究極のラインともいえる『アバニ キャスティングPE Si-X』を多くのアングラーに使ってほしい。
 

 

 
■カラー:ホワイト(ホワイトベース25m毎に、50cm幅でステルスグレー、各号数のカラーのマーキングを交互に繰り返し。)
5号 ターコイズ、6号 パープル、8号 ネイビー、 10号 オレンジ、12号 レッド
 

 
 
 
※製品写真および画面はイメージです。(実寸表示ではありません)
※ご覧の環境によっては、カラーなど実際と若干異なる場合がございます。
※製品の仕様は予告なく変更あるいは製造を中止する場合がございます。
※価格は予告なく変更する場合がございます。



ページトップ